What is to be done?

6月も今日で終わりか。来月、政府側と反政府側との話し合い「ジュネーブ2」は開催されるのだろうか。最近は、レバノン、第二の都市トリポリ、第三の都市シドン、宗派間抗争が激しさを増しています。シドンには足を運んだことはありませんが、トリポリには滞在したことがあります。旧市街の迷路のように入り組んだスークがダマスカスを彷彿とさせ、懐かしみを覚えました。でもレバノンの話題はとりあえず隅の方に置いておいて、シリアに移ります。

http://www.crisisgroup.org/en/regions/middle-east-north-africa/egypt-syria-lebanon/syria/143-syrias-metastasising-conflicts.aspx?utm_source=wu28june13&utm_medium=syria-report&utm_campaign=wuemail

International Crisis Group(ICG)からのシリアに関するレポート。冒頭でシリアでの血なまぐさい紛争(horrendous war)を解決するための4つの選択肢が提示されています。一つ目はリビアのような西欧による軍事介入により反政府軍の勢力図を拡大させること。二つ目は政府軍の勝利を受け入れ治安を改善させること。三つ目がアメリカとロシアの外交的解決策を模索すること。四つ目が政府側と反政府側、双方に海外勢が与して、シリア人を将棋の駒のようにして戦わせること。つまり代理戦争。既にその兆候は現時点で見え隠れしていますが。

しかし、これらの選択肢、どれもが決して解決策として現実的ではありません。三つ目の選択肢が理想ではありますが、成功する見込みはゼロでしょう。その他は双方どちらかが多大な犠牲を払わなければなりません。この記事ではゼロサムゲームと書かれています。戦闘が肥大化することにより、シリアは周辺国を巻き込み、国境が事実上消失しているのような状況に見舞われています。何度もブログで書き記したように反体制派を構成するスンニ派はシリアを越えて、ムスリム同胞団、湾岸諸国、周辺諸国であるトルコ、ヨルダン、レバノン、体制派側を主軸とするアラウィ派はレバノンのヒズボラ、イランの革命防衛隊、イラクのシーア派武装勢力を見方に付けています。そしてアメリカとイスラエルはシリア情勢を注視していますが、自国の利益を脅かす勢力が台頭することには懸念をしています。同時に戦火による被害は多くの難民を生み出し、周辺国の経済を圧迫し、にもかかわらず宗派間抗争に歯止めがかからない状況が続いています。
「What is to be done?」。戦争を終結することが最優先ではありますが、それは困難です。それでもやらなければならないことをこの分析記事には書かれています。決して温和な解決策ではありませんが、流血を食い止めるためには強力な処方箋が必要だということだと思います。
西欧が軍事介入に踏み切ることが一つです。手荒ではありますが、リビアの例に倣って、政府軍を打ち負かすことが必要です。その結果、どういった形で白旗を揚げるにしろ、打倒されたアサド政権がどう出るかは分かりません。ただし、可能性として、シーア派のヒズボラやイラン、またアサドと同盟関係にあるロシアが政権が覆った後にも何かしらの影響をシリアに及ぼすでしょう。そして宗派間抗争は続くことが予想されます。
それとは正反対の解決策もあります。反体制派が恒常的に武器不足に悩まされていますが、それを完全に枯渇される戦略です。欧米が武器援助を推し進めている最中に「えっ?」と首を傾げる提案ですが、あくまで「暴力を食い止める」手段として考えうる施策です。その結果、もちろんアサド政権が勝利します。反体制派は最後まで戦うでしょう。結果、政府軍による浄化作戦が決行され、治安も政治も地政学的な戦略図も大きく変わるでしょう。
最も理想的な解決策はやはり政治的な解決、話し合いです。「ジュネーブ2」がその例に当てはまります。アメリカとロシアが主導することで、内戦を収束させる。政権の移行プロセスを双方で後押しする。でも絵に描いた餅そのものでしょう。なぜなら、シリアの国民はアメリカとロシアの奴隷ではないからです。
結果的に、この記事の結びで述べられていることは、「誰にもこの戦争の道筋や有効的な解決策は提示できない(変えられない)」ということです。
シリア・・・死者は10万人に達し、国外避難民は150万人、国内避難民はさらにその数倍に上る。海外メディアや活動家が24時間365日、シリアの情勢を伝え、動画投稿サイトにはスプラッター映像が数え切れないぐらい溢れている。でも未だに流血が止まない。解決策はなくはないが、思い切った行動が取れるほど、シリアの状況は甘くない。はあ・・・何か言葉を失うなあ。
今回の参考にしたICGの記事、興味ある方は原文を見てください。何度も読み返したんですが、理解できない箇所が多々ありまして。申し訳ありません。