シリアの行方-トランプ勝利で何かが変わるのか-

シリア情勢は毎日のように見ていますが、アメリカの大統領選の結果によって何かシリアに変化がもたらされるのか、それについては無関心でした。ヒラリーだろうとトランプだろうと、アメリカのトップが変わっても、シリアには直接の影響はないだろうと感じていました。でもトランプ勝利とシリアを関連付けた記事を多く見かけます。それらを紹介できればと思います。

https://www.theguardian.com/world/2016/nov/11/syrian-opposition-left-with-nowhere-to-turn-after-trumps-victory

シリアの反体制派の政治家、軍の司令官はヒラリーへの期待を膨らませていました。彼女は反体制派への支援が国益につながると主張していました。一方、トランプはアサド政権への支持を打ち出し、ロシアへの賞賛を表明していました。トランプは反体制派を無差別に爆撃するロシアを支持し、そこに残る人々への降伏を望んでいます。

アメリカの指導者が変われば、イスラム国に対する攻撃姿勢にも変化が現れると反体制派の政治家は予測しています。しかし、イスラム国に関してはこれまでのスタンスを維持する傾向に思われますが、オバマ政権が70近い反体制派の部隊に訓練と限られた武器を提供してきた政策には影響が及ぶだろうと推測されます。なぜなら、トランプがその政策に対して懐疑的だからです。

ロシアは現在のところキプロス近くに停泊している軍艦によりアレッポ東部を消滅させる意思はないようです。1年以上にわたり、アレッポ東部を絶え間なく爆撃し、人が住めないほどの廃墟にしたロシアの戦略は大統領選の結果を受けて、好材料の一つとしてアレッポを保持している形です。

トランプは既に反体制派への支援からの撤退をほのめかしており、アサド政権を支持することがイスラム過激派の膨張を防ぐと考えています。アサド大統領自身もトランプの勝利に歓迎の意向を示しおり、「協力体制は万全だ」と公言しています。

反体制派はアサド政権がイスラム国の土壌を育んだと考えています。それは反体制派を分断させることで生まれたのがイスラム国だからです。そして、イスラム国と戦火を交わしている反体制派の影で、アサド政権は領土を拡張してきたと反体制派は批判しています。

反体制派の支援に携わってきたCIAはシリアでの役割を失うでしょう。それに伴いCIAと共同歩調を取ってきたサウジアラビアもシリアから手を引く可能性も否定できません。トルコは唯一反体制派の支援に力を入れてきましたが、ロシアがアレッポ東部での攻撃を激化させ、国際社会の批判を受けている中でも、黙ったままで口を閉ざしています。しかし、アレッポからは離れた戦線では反体制派を地上軍まで展開して、イスラム国とクルド人の支配地域への進軍を続けています。

http://www.nytimes.com/2016/11/12/world/middleeast/donald-trump-syria.html

NYTimesにも同様の記事が掲載されていました。トランプは反体制派への支援を捨てるだろうと思われます。その代わりに、イスラム国打倒に焦点を絞り、アサド政権とロシアと共に妥協点を見いだすものと思われます。

トランプはWSJのインタビューで答えています。「私はシリアに関して多くの人々が抱いている意見とは異なった意見を持っている。シリアはイスラム国と戦っている。あなたはイスラム国を排除しなければならない。シリアはロシアと同盟関係にある。そしてイランは力を蓄えている。私たちのことを考慮すれば、あなたはシリア(アサド政権)と手を結ぶことも考えなければいけない」。

トランプは反体制派を支援するCIAと反体制派を支持する世論を観察してきました。その結果、彼はCIAの努力を消し去るか、弱めるかを検討するかもしれません。しかし、シリアでは同時に二つの戦争が起きています。

一つは言うまでもなく、対イスラム国です。クルド人を主体としたシリア民主軍(SDF)の戦闘員30000人をアメリカは支援しています。彼らは先日、ラッカ攻略に向けて動き出しました。アメリカ軍の特殊部隊も300人がSDFのサポートに回っています。

二つ目が反体制派の支援です。これにはCIAが深く関わっています。トランプはこの戦略に異議を唱えています。WSJでのインタビューで名言しています。「私たちはロシアやシリア(アサド政権)と戦うことを終わらせる」。反体制派はアルカイダ系ヌスラ戦線(現、レバント解放戦線)と共闘しており、CIAの支援が滞れば、ますます穏健派と呼ばれる反体制派はレバント解放戦線に頼らざるを得なくなります。トランプはNYTimesのインタビューに答えています。「アサドが善人だとは思わないし、むしろ違うだろう。だが、我々の敵はアサドではなく、イスラム国だ」。敵の敵は味方の論理です。

その他に記事にはトルコにギュレン氏を引き渡すべきだと主張する人物がトランプ陣営に含まれていることをサラッと触れています。今後のトランプの政策はシリア情勢にも深い関わりを見せていくでしょうが、そもそも反体制派にとって、オバマにしろトランプにしろ現場で戦う人間には大きな衝撃を与えないでしょう。今のところはですが。