アレッポでの殺戮

繰り返し繰り返しアレッポでの報道を取り上げています。内容が重複する箇所が所々見られるかもしれませんが、世界のニュース、連日のようにアレッポでの戦況を報じています。昨日、アルジャジーラの記者JamesBayが国連の会場をあとにするシリアの国連大使BasharJaafariに質問を投げかけました。アレッポで2カ所の病院を爆撃しましたね?それに対して彼は鼻で笑ってそのまま通り過ぎていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=s3qJMDKDhpQ

こちらはアレッポ東部、反体制派地域のドローンによる空撮です。人影がちらほらと見られます。とても人が暮らす環境ではないことが一目瞭然で分かります。

https://www.theguardian.com/world/video/2016/sep/27/drone-footage-shows-scale-of-destruction-in-eastern-aleppo-video

WPからの記事を拾い読みしたいと思います。

https://www.washingtonpost.com/world/darkness-and-fear-in-aleppo-as-the-bombs-rain-down/2016/09/28/07b65246-842e-11e6-b57d-dd49277af02f_story.html

夜間の空爆は最悪だ。電気は寸断されているが、自家発電で辛うじて必要な明かりは確保できる。しかし、真っ暗闇の中に灯る光は空爆の標的になりやすい。ここで暮らす住民は暗闇の中で肩を抱き合って眠る。上空には戦闘機のジェット音が鳴り響き、爆弾が落ちるのを固唾をのんで見守る。一人では死にたくないと彼らは思う。

投下された爆弾の跡地にはレスキュー隊が駆け付ける。明かりもない闇の中を生存者がいないかと必死で瓦礫を掘り起こす。救い出された負傷者は患者で溢れかえる野戦病院に運ばれる。医師は不眠不休で働く。そして助かる可能性が高い者から順に治療を始める。

水曜日の午前3時30分、アレッポ東部で大きな病院が空爆された。施設は破壊され、患者が2人亡くなった。アレッポの反体制派地域には4年以上にわたり、爆弾が投下されてきた。しかし、ここ1週間は過去に見たこともないほどの激しい空爆が行われた。9月19日に停戦が崩壊して以降、1700発以上の爆弾がアレッポには降り注いだ。

しかし、住民に逃げ場はない。アレッポ東部は完全にアサド政権に包囲されている。今考えるべきことはこの場所でいかに生き抜くかということである。かつては人口3000000人を数えた商業都市アレッポも長引く内戦により数十万が家を捨てて難民となった。しかし、お金に余裕がないものはここに取り残された。

既に食料が枯渇し始めている。そのため物価も上昇した。栄養失調の子供たちも確認している。アレッポに取り残されている住民の35パーセントから40パーセントが子供たちで占められている。重傷患者はトルコへと搬送し、適切な治療を施さなければいけないが、包囲されているため不可能である。また水曜日に2カ所の病院が破壊され、現在も機能している病院はわずか6施設になった。医師の数は30人足らずである。外科医はその中でも7人を数える程度である。

院内は凄惨な様相を呈している。血の海に横たわり、うめき声を上げながら、治療を待つ負傷者たち。医師も朝5時ごろまで働き、4時間ほど眠り、再び治療を続ける。カナダにある病院からスカイプを通じてアドバイスを受けながらの治療も行っている。誰が助かるか、助からないかの判断を下す医師も精神的な負担を伴う。ある病院では医薬品の不足で助からなかった子供たちが日曜日だけで5人に上った。

空爆は病院を意図的に狙っているのは確実である。水曜日の早朝に行われた3件の空爆のうち、2件は病院で1件はパン屋である。パンを購入しようと並んでいた住民が6人亡くなった。レスキュー隊の一人は時々、上空を通過する戦闘機のパイロットの会話を傍受できるという。「テロリストのためのマーケットを見つけた。パン屋がある。空爆していいか?」。指令室からの応答は以下の通りである。「了解。了解。空爆しろ。テロリストが使っている施設は全てが標的だ」。

レスキュー隊の施設も狙われる。4カ所のうち3カ所は空爆され、2カ所は廃墟となった。数が少ない消防車や救急車も破壊された。これで救出できる人々の数もより少なくなった。崩壊した建物に埋まった住民が何人いるかなどの把握は、生存者からの聞き取りで把握する。とても残酷な仕事である。レスキュー隊の隊長は語ります。

「ある者は我々のことをヒーローだともてはやす。でも実際は信じられないほどの過酷な仕事である。建物の中から遺体を掘り起こす。あなたには分からないだろう。その遺体がいつの日か、自分の最愛の兄弟や友人になるかもしれないということを」

先週、レスキュー隊はある一家を空爆の現場から助け出した。その家族は別の地区に移されたが、翌日、その地区で空爆があり、その一家は犠牲になった。「希望なんて残されていない。彼ら(ロシア、アサド政権)は我々の仕事を奪い、(救出するために要した)多くの時間を奪う。戦闘機は我々にメッセージを伝える。どこに行こうとお前たちを殺すと。目に見えるものは何でも標的にする。彼らはここにいる全ての人間を殺したいのさ」。

家族は死ぬときはみんな一緒だと一つの部屋に集まって過ごす。2カ月前に結婚したばかりの男性は新妻と恐怖を語り合う。「飢えに苦しむのは怖い。空爆も怖い。私の最愛の人を失くすのも怖い」。

WPの記事の中でアレッポの地図が掲載されています。アレッポ東部が完全に孤立しています。陸の孤島です。ただ仮に反体制派が攻勢に出て、上下二カ所をアサド政権から奪還すると、今度は逆にアレッポ西部、アサド政権の支配地域が孤立します。そのため、この防衛ラインを何としても死守しないといけないというアサド政権の強い意向があります。