ロシアがシリアで成し遂げたこと

http://www.nytimes.com/interactive/2016/03/18/world/middleeast/what-russia-accomplished-in-syria.html?ref=middleeast&_r=0

NYTIMESが地図を用いて、ロシアの軍事介入以降のシリア情勢を分かりやすくまとめています。勢力範囲がどのように変化したのか。空爆はどの地域が激しくやられたのか。文章は多くないので、僕があれこれ説明する必要もないかなと思いますが、簡単に紹介します。

最初の地図は黄色が反体制派、赤がイスラム国と色分けされ、〇の大小によって、空爆の激しさを示しています。ロシアはイスラム国への空爆を積極的に行っていないという指摘が幾人かの識者の方から聞こえましたが、それなりにやっています。ただ、それ以上に反体制派への空爆が容赦ないので、そちらが目立っているのでしょう。

二枚目が今述べたことを踏まえた地図です。青がアサド政権、赤がイスラム国になります。三枚目が青がアサド政権と彼らを支持する民兵等々、黄色が反体制派です。やはり目立つのがアレッポとイドリブです。特にアレッポはイスラム国と反体制派から戦略的に重要な供給ラインなどを奪取しています。ラタキアも反体制派の支配地域を縮小させ、アサド政権の牙城が強化されました。

最後の地図が衝撃的でした。緑がクルド人勢力になりますが、めっちゃ元気です。ロシアの空爆から僅か半年で、これほど勢力範囲を広げたのには驚きです。にもかかわらず、和平協議では招待されることなく、蚊帳の外に置かれています。それに反感を抱いたのか、PYD(民主統一党)が3地区(アフリン、コバニ、ジャジーラ)の連邦制を宣言しました。

http://www.theguardian.com/world/2016/mar/20/syria-opposition-geneva-peace-talks-mohammed-alloush

こちらは反体制派の交渉役の一人で「イスラム軍」の政治部門担当のモハンマド・アルーシュのインタビューです。アサド政権と国際社会への不満を語っています。和平協議、さらなる進展は望めそうにもありません。ただ、今日、イドリブで暮らしているシリア人とチャットしてたんですが、ここ最近、静かだそうです。停戦はある程度の効力は発揮しているみたいです。