ロシア空爆による犠牲者数

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/30/russian-airstrikes-kill-2300-syria-human-rights-group

9月末から開始されたロシアの空爆は、この3カ月間で死者2371人、そのうち792人が一般市民であり、180人が子供であるとシリア人権監視団が報告しました。イスラム国の戦闘員が655人、その他の反体制派組織が924人になります。ロシアの空爆が人権団体や国際社会から批難を受けていますが、この数字を見れば、当たり前でしょう。一般市民の犠牲者数がイスラム国の戦闘員より多いとは意図的に一般市民を標的にしているとしか思えません。

アムネスティはロシアの空爆は戦争犯罪にも該当すると報告しています。アメリカのマーク・トナー副報道官は「ロシアの空爆は多くの民間人を殺害している。医療施設や学校やマーケットも空爆にさらされている」と強く批難しています。

僕もロシアが何を考えているのか理解できません。正気を失っているとしか思えない。救援物資の輸送車を油の密輸車両と言い張り、空爆したり、医療施設や食糧庫、インフラ設備も木っ端みじんです。クラスター爆弾をばらまいたり、空爆した箇所で救援活動を行う人々の上にさらに爆弾を落としたり。やっていることはアサド政権と同じですが、ロシアはシリア内戦をさらに悪化させています。