ドゥーマでの虐殺

ドゥーマはダマスカスの中心地から車で30分ほどの距離にある大きな町です。2012年4月、僕は1ヶ月、この町で暮らしました。当時はダマスカスで唯一の反体制派、自由シリア軍が支配する町でした。毎夜、町の中心地であるジャーミア・カビール(大モスク)の広場で反政府デモが公然と行われていました。同時に政府軍、治安部隊、シャッビーハによる激しい攻撃を受け、部屋から一歩も出れない日もありました。

https://www.youtube.com/watch?v=ToagdK4e_fE

+18です。投稿した日付が2014年8月となっているので、少し古くなりますが、現在もこれと変わらない状況が続いています。アサドが「樽爆弾」を「cooking-pot」などと笑い飛ばしましたが、ミサイルや樽爆弾をドゥーマに投下させている本人の言葉とは思えません。タイトル冒頭に「مجزرة」とあります。辞書で調べると、「جزر」とあり、意味は「人参」。しかし、綴りが同じで別の意味もあります。動詞で「虐殺する」です。それに「م」が付いて、「مجزرة」は「虐殺すること」となります。

http://www.middleeasteye.net/news/more-100-people-killed-douma-syria-monday-say-activists-454311534

2月9日、この日、ドゥーマは激しい空爆にさらされました。活動家の報告によれば、投下された爆弾は「樽爆弾」だとされています。もちろん「樽爆弾」だけでなく、ミサイル、迫撃砲、ロケット弾、あらゆる殺傷兵器がドゥーマでは使用されています。月曜日の死者は少なくとも38名、100名を超えたとする報告もあります。ただ今回の大規模な空爆は反体制派がダマスカスへ迫撃砲を撃ち込んだことへの報復です。その際に亡くなったのは10名、そして今回の空爆で亡くなったのは200名近くに上るものと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=HKU0Rar8pfU

こちらが2月9日に「樽爆弾」が投下された現場です。小さな子供を抱えた一般市民の姿が見られます。2月5日から9日までの政府軍による攻撃で少なくとも178名が命を落としています。その後も攻撃は続き、200名以上が殺害されました。犠牲者の80パーセントが一般市民とされています。負傷者を手当てする病院も設備や医薬品の不足、収容スペースも埋め尽くされ、限られた数の医師や看護師で対応しています。

アメリカと有志連合はイスラム国を打倒するためシリア領内を空爆しています。そのためにはアサドの虐殺にも目をつぶらなければいけない事情があるのでしょう。打倒イスラム国の影で多くのシリア国民が理不尽に命を落としている状況にも目を向けるべきなのですが。

参考サイト

http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2015/Feb-12/287157-syria-bombings-push-hospitals-to-limit-msf.ashx

http://www.ibtimes.com/bashar-al-assads-barrel-bombs-douma-attacks-ghouta-kill-nearly-200-week-1812086

http://www.reuters.com/article/2015/02/11/us-mideast-crisis-syria-raids-idUSKBN0LF1S420150211?feedType=RSS&feedName=worldNews