シリアを取材するということ-追加-

気持ちがモヤモヤしています。今回の人質事件、個人的な考えは多々あります。ただ僕が感想を述べたところで、何か進展があるわけでもなく、面識もないため身勝手で無責任な発言は出来ません。ただ無事を祈るばかりです。

紛争地を取材する記者や写真家には大きく分けて二通りあると思います。根拠のない自信を振りかざして、どんな場所でも「俺だけは絶対に大丈夫」と思い込んでいる理想主義者とあらゆる死をリアルに思い浮かべた上で覚悟を決めて戦地に乗り込んでいる現実主義者。

理想主義者の利点は危険を顧みない行動故にド迫力のある映像や写真が撮れますが、死傷率も必然的に高くなります。現実主義者の利点は慎重であるが故に映像や写真は控えめですが、死傷率は低下します。僕はカシミールで被弾するまでは前者であり、被弾してからは後者に自然と移行しました。この職業は常に死と隣り合わせなのだと今は意識しています。

しかし、シリアは現実主義者にとっても非常に危険な紛争地です。慎重であっても、死を回避することは困難な場面が幾度も訪れます。僕は可能な限りの「死に様」を頭の中で思い描いてきました。そして全てを受け入れた上で取材を敢行していました。しかし、一つだけ抜け落ちていました。あえて考えないように、目を背けていました。それが今回の事件です。人質とされて処刑される、または交渉の道具として扱われる、という可能性です。

僕の考えが甘かったのか、もしくは人質とされることを選択肢に加えた時点で、二度とシリアには足を運べないことを理解していたから、これまであえて選択肢から外していたのか。でも、今回の件で「人質になるという可能性」が現実に起こり得るのだと実感しました。

僕が本気で理想とする紛争地がシリアでした。フリーとしての本領が発揮できた場所でもありました。でも再度足を踏み入れることはありません。「行かない」と言いつつも、目の前に人参をぶら下げられると、ついついこっそりと入り込んでいましたが、人参だろうと金塊だろうと何をぶらさげられても、シリアが安定するまでは今後二度と訪れることはないだろうと思います。

生の声は伝えられませんが、これまで通り、間接的にシリアのニュースは拾っていきたいと思います。よろしくお願いします。