ゴーストタウン-アレッポ-

こんな映像がツイッターから流れてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=-CvMOqnGo4U

両親がいない子供たちは自力で食糧を見つけなければいけません。この映像が事実なのか、それとも言わされているのか、第三者の目が不在であるため確認は取れません。ただ実際にダマスカス周辺の反体制派地域では飢えに苦しんでいる市民が大勢います。政府軍による兵糧攻めによって。

https://www.youtube.com/watch?v=H1QXZy2ajmA&feature=youtu.be

こちらはダマスカス郊外のドゥーマの映像です。政府軍の砲撃により17人が命を落としました。多数の負傷者も見受けられます。食料だけでなく、砲撃や空爆が容赦なく反体制派地域には降り注いでいます。その翌日も砲撃により、幼い子供とその祖父が亡くなりました。こちらは自己責任での閲覧でお願いします。

https://www.youtube.com/watch?v=Rv0p3GIQ0E8

ガザ情勢の報道が過熱しています。そのためシリアに関する記事が隅に追いやられている気がします。ガザとシリアが報道の度合いに差があるのは、理由は様々あれど、一番なのは外国のメディアが不在なのが大きいかなと思います。以前はシリアにも多くの海外メディアがいましたが、今はほぼ皆無です。取材ビザでアサド政権側から入国している記者はいますが。

一昨年の10月と去年の2月に僕がアレッポにいたときは海外メディアの人間を多く見かけました。メディアセンターには多国籍の記者や写真家が常に10名は確保されている状態でした。しかし、今年の5月にアレッポに入ったときは、誰一人外国人を見かけませんでした。第三者の目として機能するはずの海外メディアがいなければ、事実関係も取れなくなり、報道も自然と少なくなります。

http://www.latimes.com/world/great-reads/la-fg-c1-syria-aleppo-20140730-story.html#page=1

LATimesがアレッポの様子を伝えています。記者はRaja Abdulrahim女史です。女性ですね。空爆の現場の模様がユーモア!?を交えて書かれています。シリア人の自虐ネタでしょうが、洒落になりません。チキン料理のレストランが爆撃され、肉片が辺りに散らばっています。そこに駆け付けた男性が一言「おお、チキンが!」と叫んだり(食料不足が深刻であることを物語っています)、肉片を集めている反体制派の戦闘員が「これはシリア産の人肉さ」と憤っていたり、凄惨な現場の様子が見て取れます。

水不足が深刻であることが指摘されています。井戸水からくみ上げる水にも限りがあり、モスクから拡張器を通して「貯水槽の水がいっぱいになりました」と通知されるほどです。すると住民が給水所に列をなすという具合です。水道の供給網は意図的にアサド政権、またはイスラム国によって破壊されました。浄水処理もされていないため飲料水として適していないことも問題です。

その他はレスキューチームに同行した様子が書かれています。彼女の見聞したことは僕の経験と一致します。5月にアレッポに入った際に、そのあまりの活気の無さに唖然としました。上空を旋回するヘリコプターと轟音を響かせる戦闘機、ちらほらと見かける住民と市内を縦横無尽に駆け抜ける反体制派の戦闘員。そのアレッポにもアサド政権の影がにじり寄っています。イスラム国の動向も注視しなければいけません。次回はいつ行けるのだろうか。アレッポ。