ブログについて

シリアのニュースだけ書き込みをしてきました。まさか毎日、毎日、シリアのニュースがこれだけ多様に報じられて更新されていくとは思いもよらなかったです。ただ、このブログは他人の記事を

シリアのニュースだけ書き込みをしてきました。まさか毎日、毎日、シリアのニュースがこれだけ多様に報じられて更新されていくとは思いもよらなかったです。ただ、このブログは他人の記事を多少の主観を織り交ぜて翻訳しているに過ぎません。誰だって、少し英語が出来れば、辞書を片手に時間をかければ無料で海外から記事を拾えちゃいます。その程度のブログです。

百聞は一見にしかず。現場に直接足を運んで、見たこと聞いたことを報道するのがジャーナリストの仕事だと思っています。ただ残念ながら、今のシリアは記者や写真家にとっての墓場です。自己責任と言えども、誘拐された際に身代金をポケットマネーで払えるのか、殺害された際に悲しむ家族や恋人や友人はいないのか、自己責任ではなく、シリアで取材することは自分勝手な行動です。

それではこのまま現地の活動家だけに任せてシリア情勢を眺めていればいいのか。二の足を踏んでいる時点で僕はもうシリアからは遠ざかっていると感じています。難しいことを抜きにして、ただただ突っ走るのが駆け出しの頃の僕の報道姿勢でした。それが唯一の僕の取り柄でした。でも悲観的なことばかりが頭を掠めて、楽な方へと逃げることばかり今は考えています。悔しいけど、どうしようもない。

2年前のダマスカスでの体験が僕をシリアに導いてくれました。正義感は他人に押し付けられるものではなく、自分自身に植え付けられるものだと実感しました。しかし、2度目、3度目とアレッポに足を運び、限界だなあと感じ、状況の改善を待つこと1年、ますます悪化してしまいました。愚痴、申し訳ありません。

ブログは変わらず更新していきます。目新しいことは特にありませんが、これからもよろしくお願いします。

身に植え付けられるものだと実感しました。しかし、2度目、3度目とアレッポに足を運び、限界だなあと感じ、状況の改善を待つこと1年、ますます悪化してしまいました。愚痴、申し訳ありません。 ブログは変わらず更新していきます。目新しいことは特にありませんが、これからもよろしくお願いします。