ブログ休止中

ブログの更新は久しぶりになります。

自分勝手ではあるのですが、ブログの更新は今後もしばらくありません。申し訳ありません。日々、シリア関連のニュースには目を通しているのですが、ブログに書き記すほどの気力がありません。これまでいくつかの記事を丹念に読み解いて、僕の個人的な見解も含めて、ブログを更新してきました。ただ、ご存じかとは思いますが、シリア、取材に足を運べる状態ではありません。

ブログの更新は僕自身、備忘録として活用してきました。シリアで一冊の本を書き上げましたが、その際にもこのブログは非常に参考になりました。またシリアに取材に向かう際には、どの勢力がどの辺りを支配下に治め、どの国境が開かれているか、戦況の変化などを窺う際にも、役立ちました。

僕はシリアに入ることを現時点であきらめています。去年、二度トルコに足を運び、シリア入りを目論みましたが、断念しました。これまで5度シリアに入国し、そのうち3度は密入国です。それほどシリアに入るということは、リスクを背負うことになります。さらに、去年辺りから、国境の警備は非常に厳しくなりました。これまでは黙認されてきた密入国ルートが片っ端から潰されています。シリア人の友人ですら、出入りが困難な状況です。

「タケシ、もうシリアに入るのはあきらめろ。俺一人だって、大変なのに、お前みたいな外国人を連れて、入国なんてできない。シリアに入れば、何とかしてやるが、シリアに入るまでが大変だ。トルコ側が厳しく制限している」

今年の1月にトルコのある都市でシリア人の友人から言われた言葉です。彼はムジャーヒディーンですが、その彼ですら、親族訪問でトルコを訪れたはいいが、シリアに帰る段階で、足止めを食らっていました。ただ自暴自棄になれば、入ることは可能です。でも僕にはそれだけの勇気も根性も情熱もありません。

これからは黙ってシリア情勢を眺めていくだけです。ただし、ツイッターの方は更新します。ブログは更新に労力と時間を費やしますが、ツイッターはブログと比べれば、気軽に更新ができます。そちらの方を見ていただければと思います。

もし仮に、今後、ブログが頻繁に更新されるようなことがあれば、そのときはシリア入りのチャンスが到来したのかなあと勘ぐっていただければと思います。実際に入るとなると、誰にも言いませんが。シリア情勢は5年以上、見続けています。それでも常に継続的に世界のニュースのトップを占めています。それほど危機的な状況が何年にもわたり続いています。難民の数、死傷者の数、宗派、民族的対立、周辺諸国の関わり方、さらに大国同士のせめぎあい、イスラム国の台頭への脅威、戦争を誘発する起爆剤がふんだんに盛り込まれているのが、シリアじゃないかなあと感じています。

いつかシリアが平和になったら、殉教した友人の墓参りに行きたいです。