レバント征服戦線を標的に-アサド政権と最も敵対する組織-

これは以前からずーと指摘されていることです。アメリカはイスラム国と平行してレバント征服戦線(旧ヌスラ戦線)を標的にしています。上位に位置する指導者をピンポイントで殺害するほどの執着です。これには現地のシリア人からも反感を買っています。なぜならレバント征服戦線(JFA)はアサド政権と最も果敢に戦果を交えている反体制派勢力だからです。その解説になります。

https://www.washingtonpost.com/world/national-security/obama-directs-pentagon-to-target-al-qaeda-affiliate-in-syria-one-of-the-most-formidable-forces-fighting-assad/2016/11/10/cf69839a-a51b-11e6-8042-f4d111c862d1_story.html

オバマ大統領はペンタゴンに強い要求を突き付けている。アルカイダと繋がりがあると指摘されるヌスラ戦線の指導者を殺害するようにと。ヌスラ戦線は長年に渡り、アサド政権と敵対してきた勢力である。にもかかわらず、執拗に標的にするのはなぜなのか。

オバマ大統領の高官はこう答えている。ヌスラ戦線は今でこそシリア国内で反体制派勢力の一員としてアサド政権と戦火を交えているが、いずれは国内から国外、ヨーロッパへとテロの矛先が向かうだろう。この発言から察するに、オバマ政権はアサド大統領の退陣を望むよりもヌスラ戦線によるグローバルテロリズムを警戒していることがうかがえる。

続きを読む