アレッポ東部での暮らし-包囲網により隔絶された都市-

http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/2016/11/russian-offensive-aleppo-161106114905738.html

朝、まず思い浮かべるのは、「今日はどのようにしてパンを手に入れようか」ということだ。ロシアの戦闘機が次の攻撃を仕掛ける間、私の頭を苦しめるのは、そんな問いかけだ。「今日はどのようにしてパンを手に入れようか」。

もしパンなしでの一日の生活を送りたくないのであれば、私は早朝5時に起きなければいけない。パン屋の前には大勢の人々が列を作っている。70日前にこの町が包囲されてから、このパン屋は週に3日、営業している。それぞれの家族が受け取れるのはパン5枚だけ。それも二日に一回だ。

特に攻撃もない一日であれば、6時までにはパンを受け取れるはずだ。パン屋に行列を作る人々は口々に同じことを叫ぶ。「私には子供が10人もいるの。娘は未亡人で、子供が3人いる。たった5枚のパンでは足りないわ!」。答えは簡単だ。「5枚しか渡せない。それは管理委員会が決めたことだ。私はその命令に従っているんだ」。私は1時間以内に何とかパンを受け取ることができた。

続きを読む