シリアへの素朴な疑問-支援とは何か-

ガーディアンのシリアに関する記事は着眼点が素晴らしいと思います。以前に紹介した国連の使途不明金もそうですが、今回はよく話題に上がる「支援」の行方について分析しています。国連への痛烈な批判です。原文を推奨します。

https://www.theguardian.com/world/2016/oct/28/syria-aid-relief-effort-key-questions-guardian-briefing

・シリアではどれほどの人々が支援を必要としているのか

支援が必要とは物資が届かないことであり、つまり包囲されている地域で暮らす人々がその判断基準になります。「包囲」の基準には3つあります。武装組織に包囲されている。人道支援が継続的に行き届かない。病人や負傷者が自由に出入りできない。

国連の推定では17の地域で586200人が包囲下で暮らしています。4880000人が厳しい状況下に置かれています。これに対して、民間団体のSiegeWatchは39の地域で996975人が包囲下で暮らしていますが、この数字にアレッポ東部の275000人は含まれていません。さらに21の地域でアサド政権によって包囲されるかもしれない可能性を指摘しています。さらにある別の団体によれば、アレッポを含めれば、1500000人が包囲下で生活を余儀なくされていると報告しています。同じ数字を出している組織にMSFもあります。

続きを読む

ある一家の物語-アレッポでの暮らし-

今、イラクの方が騒がしいですね。モスルをイスラム国から奪還するため、政府軍、シーア派民兵、ペシュメルガ、空からは有志連合と、攻め上げています。半年ほどかかるようなことを報じていた気がしますが、仮にモスルが陥落すれば、次はラッカかなあ。ただ、僕は直接足を運んだ場所でしか、物事を語れません。イラクは素人なので、発言は控えます。

シリアはアレッポが大変ですが、イドリブ県でも反体制派が揉めています。とりあえず、アレッポに焦点を絞り、FPの記事を紹介できたらと思います。

http://foreignpolicy.com/2016/10/16/are-you-silent-because-we-are-muslims/

停戦が崩壊した9月23日から10月8日までのアレッポ東部での死者は国連の統計で406人になります。先週の水曜日には市場が空爆され一瞬にして46人の命が奪われました。これだけの虐殺が、実行犯が明確にもかかわらず、一向に収まらないことにもはやアレッポで暮らす住民はどれほどの思いを抱いているのか。

続きを読む

アレッポからの手紙-My city is not just a death toll-

Syrian Civil Defense の創設者の一人であるBeebers Mishal(31)からのアレッポからの声です。停戦が崩壊して1週間足らずでの死者は400人を超え、負傷者は数百人に上っています。いったいアレッポでの生活はどのようなものなのか、彼の言葉から多少はうかがい知れるかもしれません。

http://www.aljazeera.com/news/2016/09/letter-aleppo-city-death-toll-160928055621630.html

いつ起きたのか、いつ眠りについたのか私ははっきりとは覚えていない。町全体に絶え間なく爆弾が降り注ぐような状況ではここで暮らす人々には「眠り」なんてものはない。戦争と平和に関する法律に私は造詣が深いが、自信をもって言えることがある。国際社会はこれらの法律をシリアに適用することはない。アレッポは燃えている。そして世界は黙って見つめている。ロシアの空爆は間断なく続いている。

続きを読む