パルミラ攻防戦-アサド政権とイスラム国

2012年3月にダマスカスに降り立ち、5月初旬だったかな、取材が無事に終わり、一カ所くらい観光地を見てみようと思い、向かった先がパルミラでした。3カ所か4カ所あるパルミラへと繋がる道路は全て政府軍の検問が設けられており、戦車が待機していました。遺跡には誰もいなくて、列柱通りをウロウロと散策して、タクシーで丘の上にある城塞に足を運びました。とても綺麗な街でした。シリアに足を運ぶたびに思うのが、民衆蜂起がなければ、内戦に陥らなければ、多くの観光客で賑わっていたのだろうなあという悲しい気持ちです。

そんなパルミラがイスラム国の手に落ちたのが、昨年の5月です。アサド政権が断続的に攻撃を仕掛けていましたが、なかなか奪還できず、手をこまねいていました。そこに、ロシアが登場しました。政府軍、ロシア、イラン、民兵がパルミラ奪還作戦に乗り出したのが、先月の27日になります。当初は散発的な戦闘に終始しましたが、今月中旬から本格的な戦闘に発展しました。特に22日から24日の戦闘では、ロシア軍は146カ所の標的に対して戦闘機の出撃回数が41機です。その数日後、つまり昨日の27日、パルミラはアサド政権の支配地域に変わりました。

続きを読む

自信を深めるアサド政権と今後の行方

一匹のサソリが川岸を歩いていました。サソリは対岸に渡るため、一匹のカエルに声を掛けました。「俺を背負って、向こう岸に連れて行ってくれないか」。カエルは言いました。「嘘言うな。そんなこと言って、川の中ほどに来たら、刺すつもりだろう」。サソリは言いました。「そんなことあるわけないじゃないか。お前さんを刺したら、俺も溺れちまう」。カエルはその話を聞いて、それもそうだなとサソリの頼みを聞いてあげました。しかし、川の中ほどでカエルは激痛を感じました。「どうして、俺を刺したんだ。君も溺れるのに」。サソリは寂しそうに答えました。「本能だから仕方がなかったんだ」。

http://www.nytimes.com/2016/03/23/world/middleeast/bashar-al-assad-syria-russia-west.html?ref=middleeast&_r=0

記事の中で紹介されていた諺です。どうやらベトナムの寓話らしいです。シリアで言えば、サソリはアサド政権、カエルはロシアに例えられています。そして今、サソリを乗せたカエルは泳いでいる最中です。カエルは常にサソリに命を狙われているが、サソリはカエルを刺せば、溺れて死んでしまう。 続きを読む

ロシアがシリアで成し遂げたこと

http://www.nytimes.com/interactive/2016/03/18/world/middleeast/what-russia-accomplished-in-syria.html?ref=middleeast&_r=0

NYTIMESが地図を用いて、ロシアの軍事介入以降のシリア情勢を分かりやすくまとめています。勢力範囲がどのように変化したのか。空爆はどの地域が激しくやられたのか。文章は多くないので、僕があれこれ説明する必要もないかなと思いますが、簡単に紹介します。

最初の地図は黄色が反体制派、赤がイスラム国と色分けされ、〇の大小によって、空爆の激しさを示しています。ロシアはイスラム国への空爆を積極的に行っていないという指摘が幾人かの識者の方から聞こえましたが、それなりにやっています。ただ、それ以上に反体制派への空爆が容赦ないので、そちらが目立っているのでしょう。

二枚目が今述べたことを踏まえた地図です。青がアサド政権、赤がイスラム国になります。三枚目が青がアサド政権と彼らを支持する民兵等々、黄色が反体制派です。やはり目立つのがアレッポとイドリブです。特にアレッポはイスラム国と反体制派から戦略的に重要な供給ラインなどを奪取しています。ラタキアも反体制派の支配地域を縮小させ、アサド政権の牙城が強化されました。

最後の地図が衝撃的でした。緑がクルド人勢力になりますが、めっちゃ元気です。ロシアの空爆から僅か半年で、これほど勢力範囲を広げたのには驚きです。にもかかわらず、和平協議では招待されることなく、蚊帳の外に置かれています。それに反感を抱いたのか、PYD(民主統一党)が3地区(アフリン、コバニ、ジャジーラ)の連邦制を宣言しました。

http://www.theguardian.com/world/2016/mar/20/syria-opposition-geneva-peace-talks-mohammed-alloush

こちらは反体制派の交渉役の一人で「イスラム軍」の政治部門担当のモハンマド・アルーシュのインタビューです。アサド政権と国際社会への不満を語っています。和平協議、さらなる進展は望めそうにもありません。ただ、今日、イドリブで暮らしているシリア人とチャットしてたんですが、ここ最近、静かだそうです。停戦はある程度の効力は発揮しているみたいです。

今回の件について思うこと

僕は人付き合いが苦手で、同業者同士の横の繋がりはほとんどありません。一人が好きだから、トラックのドライバーもフリーのジャーナリストもストレスを抱えることなく続けられるんだと思います。それでもシリアを取材するようになって、それも少しだけ改善され、たまーに連絡を取ったりする方がいます。

2015年6月初旬です。それまで二人の方が「これからトルコに向かいます」と連絡を受けて、待っていたのですが、二人ともトルコに入れず、僕もガッカリしていました。そんなとき、最も入れないだろうと思われていた、安田さんから連絡がありました。ハタイ県のアンタキヤに向かうと、安田さんがいました。 続きを読む

5年目を迎えた民衆蜂起-It’s a war on normalcy-

シリアの報道が過熱する中で、全ての記事に目を通すことは僕にはできません。なので、もしかしたら、僕が見落としていただけかも知れませんが、ここ1年ほど海外メディアからの現場報道がなかったのですが、遂にCNNがやってのけました。もちろん、アサド政権側からの取材はありましたが、そうではなく、反体制派エリアからのルポでは久しぶりです。

http://edition.cnn.com/2016/03/14/middleeast/syria-aleppo-behind-rebel-lines/index.html

Clarissa Ward記者。女性です。ニカブで顔を覆い隠して、拘束や誘拐の危険性を除去しています。場所はイドリブとアレッポ。イドリブはここ最近、自由シリア軍とヌスラ戦線が揉めています。アレッポはブログでも紹介したように、現在アサド政権が支配地域を広げ、唯一使える反体制派のルートは一つだけ。空爆で負傷する市民、憤慨する市民、戦闘員や医師、彼らはシリアの惨状を世界に伝えようと必死です。少し長文ですが、シリアを外からではなく、内から理解する非常に参考になる記事です。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらにさらに追加ー

“open-air prisons”。包囲された町は天井のない監獄と同等です。今週の火曜日、「Save the Children」が包囲網の中で苦しむ人々の様子を伝える報告書を出しました。いくつかのメディアでそのことに関しての記事が出ています。ここでは「independent」と「nytimes」から引用したいと思います。

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/syria-civil-war-quarter-of-a-million-children-in-syria-at-risk-of-starvation-a6919761.html

http://www.nytimes.com/2016/03/09/world/middleeast/report-paints-dire-picture-of-besieged-syria-as-war-enters-6th-year.html

18の異なった地域でアサド政権、または反体制派によって包囲され、486700人の人々が飢えの脅威にさらされています。別の支援団体からの報告では190万人になるかもしれないという統計も出ています。しかし、停戦が発効した2月27日以降、いくつかの町や村に支援物資が搬送されました。15万人に食料や医薬品、燃料が届けられましたが、一時的なもので、支援ルートが完全に開放されたわけではありません。数週間分の食料が運び込まれただけで、その先は不透明です。 続きを読む

僕が伝えたかったこと

月曜日から金曜日、13時から15時半放送の文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」にゲスト出演しました。人前で話すことに慣れていない僕ですが、周りの方々にフォローされながら、何とか20分ほど無事に話すことができました。ネームヴァリューに関係なく、純粋に僕の本を評価してくださった大竹さん、文化放送の方々には感謝しています。こちらから聞けるかと思います。

http://www.joqr.co.jp/golden/

ただ時間がなく、しかも緊張して、さらに口下手なので、伝えたくても伝えられなかったことがあります。それを書き記したいと思います。

シリアは戦争をしています。そんなこと誰でも知ってるじゃん。そう思う方々が大多数だと思います。それでは戦争とは何か。人が殺しあうことです。これも当たり前のことです。でもこの当たり前のことを理解することなく、国際社会はシリアを放置してきました。外から見たシリアと内から見たシリアには大きな違いがあります。 続きを読む

停戦後の東グータの行方

アラビア語に触れない生活を10カ月ほどしていました。たまに現地のシリア人と会話をする際と週1回のアラビア語の授業を除いて。でも2週間ほど前から勉強を再開しました。特に理由はないのですが、時間を持て余していたので。なので、ブログは停滞してしまうかもしれません。ただシリアのニュースは毎日のように流れてきます。一時的な停戦が結ばれましたが、早速停戦違反の空爆が各所で行われているようです。

https://now.mmedia.me/lb/en/NewsReports/566674-regime-warns-residents-of-besieged-damascus-suburbs

停戦後、ダマスカス郊外の反体制派地域(東グータ)にアサド政権が上空からビラを撒きました。 続きを読む