シリアを取材するということ-追加-

気持ちがモヤモヤしています。今回の人質事件、個人的な考えは多々あります。ただ僕が感想を述べたところで、何か進展があるわけでもなく、面識もないため身勝手で無責任な発言は出来ません。ただ無事を祈るばかりです。

紛争地を取材する記者や写真家には大きく分けて二通りあると思います。根拠のない自信を振りかざして、どんな場所でも「俺だけは絶対に大丈夫」と思い込んでいる理想主義者とあらゆる死をリアルに思い浮かべた上で覚悟を決めて戦地に乗り込んでいる現実主義者。

理想主義者の利点は危険を顧みない行動故にド迫力のある映像や写真が撮れますが、死傷率も必然的に高くなります。現実主義者の利点は慎重であるが故に映像や写真は控えめですが、死傷率は低下します。僕はカシミールで被弾するまでは前者であり、被弾してからは後者に自然と移行しました。この職業は常に死と隣り合わせなのだと今は意識しています。

しかし、シリアは現実主義者にとっても非常に危険な紛争地です。慎重であっても、死を回避することは困難な場面が幾度も訪れます。僕は可能な限りの「死に様」を頭の中で思い描いてきました。そして全てを受け入れた上で取材を敢行していました。しかし、一つだけ抜け落ちていました。あえて考えないように、目を背けていました。それが今回の事件です。人質とされて処刑される、または交渉の道具として扱われる、という可能性です。

僕の考えが甘かったのか、もしくは人質とされることを選択肢に加えた時点で、二度とシリアには足を運べないことを理解していたから、これまであえて選択肢から外していたのか。でも、今回の件で「人質になるという可能性」が現実に起こり得るのだと実感しました。

僕が本気で理想とする紛争地がシリアでした。フリーとしての本領が発揮できた場所でもありました。でも再度足を踏み入れることはありません。「行かない」と言いつつも、目の前に人参をぶら下げられると、ついついこっそりと入り込んでいましたが、人参だろうと金塊だろうと何をぶらさげられても、シリアが安定するまでは今後二度と訪れることはないだろうと思います。

生の声は伝えられませんが、これまで通り、間接的にシリアのニュースは拾っていきたいと思います。よろしくお願いします。

シリアの今を伝える-日々殺される人々-

シリアで今何が起こっているのか。そうブログに書き込んだものの、シリアの今を伝えることは容易なことではありません。シリアでの民衆蜂起から泥沼の内戦に至るまで4年近く続く混沌とした状況は外部の人間から見たら嫌気がさします。内戦の構図も複雑です。反体制派vsアサド政権。革命当初の単純な構造が今やイスラム国、クルド、アルカイダ系のヌスラ戦線、それに続くイスラム戦線、ムジャヒディーン軍、欧米寄りの穏健派勢力、アサド政権にはヒズボラ、イランの革命防衛隊、さらに周辺諸国から大国まで巻き込んでの戦争です。

僕が伝えられることは何かと考えても、何も思い浮かばなかったので、ここ数日に起きたテロを3件書き込みます。シリアでは日常茶飯事の出来事です。虐殺が常態化して何の関心も呼び起さないありふれた光景です。動画も掲載しますが、全て自己責任で閲覧してください。+18です。 続きを読む

誘拐について-追加-

イタリア人の女性が解放されたニュースを取り上げた直後に今回のニュースが飛び込んできました。誘拐の形態も様々です。部隊に従軍している際に敵側の奇襲攻撃を受けて、拘束されるケースもあれば、フィクサーが金に目がくらんで第三者に譲り渡すケースもあります。誘拐がイスラム国の専売特許であれば、イスラム国の取材を避ければ、誘拐される心配もありませんが、残念ながら、イタリア人の女性の誘拐犯はヌスラ戦線とされています。その他にも外国人を狙った犯罪がシリアでは常態化しています。決してイスラム国だけが誘拐に手を染めているわけではありません。

例えば、僕が前回訪れた2014年5月、従軍した部隊「ムジャヒディーン軍」から「タケシを誘拐したら日本政府はいくら出す?」と問われたので、「100万ドルぐらいじゃない」と答えたら、「安いなあ」と笑っていました。もちろん彼らは冗談で言ったつもりですが、「誘拐」がビジネスとしてシリアで浸透していることがうかがえます。 続きを読む

誘拐について

紛争が長引けば長引くほど、治安は乱れます。住む家を失い、職を失い、家族を失い、希望を失えば、真っ当な人間でも悪事に手を染めます。真っ当ではない人間は治安の乱れに乗じて、金の匂いを敏感に嗅ぎ付け、積極的に悪事を働きます。打開策が見いだせないまま戦闘に明け暮れている兵士たちは敵側の弱みを握るため、卑劣な手段に訴えかけます。長期化した紛争地に誘拐は付き物です。

http://www.bbc.com/news/world-europe-30838375

2014年7月にアレッポ北部で誘拐されたaid workerのイタリア人女性2人が解放されました。16日の早朝にイタリアの首都ローマの空港に降り立ち、Paolo Gentiloni外相の出迎えを受けました。1500万ドル(16億ぐらい?)をイタリア政府は誘拐犯に支払ったされるが確証は得られていません。 続きを読む

あけましておめでとうございます

ブログの更新が停滞中で、申し訳ありません。少しでもシリアの日々のニュースを伝えられればと思っているのですが、アラビア語の勉強と読書に今は時間を費やしています。アラビア語の勉強の仕方は少ない参考書を読み返すのも飽きてきたので、アル・アラビヤ(http://www.alarabiya.net/)の記事を読み解いています。でも初心者の僕にはハードルが高すぎるんですが、工夫をすれば何とか理解できます。

読書は国際関係学、国際政治学の分野と言えばいいのか分かりませんが、なぜ戦争が起こるのかのそのヒントが見つからないかと思い、それらの分野に手を出しています。誰もが名前だけは耳にしたことがある、ホッブズやらルソーやらカントやらを優しく説明してくれる書籍を探しては目を通していますが、それでも理解するのに手を焼いています。もっと万人にも分かるように解き明かしてくれ!とムシャクシャしています。 続きを読む