ハフィントンポスト-Charles Listerによるレポート-

http://www.huffingtonpost.com/charles-lister/not-just-iraq-the-islamic_b_5658048.html

6月10日、イスラム国がイラク第二の都市モスルを制圧した。8月2日にはヤジディ教徒が多数暮らす町Sinjar、3日には Zumar, Wana、そしてAin Zalahの油田と精油所、7日はキリスト教徒が多数暮らすQaraqosh、the Mosul Dam、クルド人自治区の主都アルビルから30キロ足らずの距離に位置する二つの村、GhwarとMahmourも支配下に置いた。しかし、イラクに限らず熱戦を繰り広げているのがシリアである。

ホムス県の Al-Shaer gas fieldを押さえたのが7月17日、警備員、労働者、政府軍、ざっと270名が殺害された。7月26日にガス田から撤退したイスラム国は重火器、及び15両の戦車を戦利品として持ち去った。

7月24日からイスラム国はSAA(Syrian Arab Army)とアレッポ、ラッカ、ハッサケで本格的に衝突し始めた。7月25日、ラッカにある政府軍の17師団基地が狙われた。26日にはハッサケの121連隊が撃退された。アレッポではKweiris Airbaseが爆撃され、8月6日はラッカの93旅団が制圧された。重要なことはSAAが弱体化しているという見方と並行してイスラム国は軍事施設を制圧することにより豊富な武器を保有していることである。 続きを読む