危機的状況が続くヤルムーク地区-追加-

http://www.theguardian.com/world/2014/apr/27/yarmouk-refugees-brutal-treatment-syrians

「私がヤルムーク地区を離れるときはパレスチナに戻るときだろうといつも考えていました。でも今、私はここにいる」

Umm Samir(68)はレバノンのパレスチナ難民キャンプでそう語った。彼女は怒りや悲しみの交錯で激しく揺れ動いている。

「まったく予想していなかった。まさかアサド政権が我々にこのような仕打ちをするなんて。我々がどのように扱われていたかを今はっきりと理解した」

Umm Sameerは語る。シリアの首都ダマスカスに位置するヤルムーク地区は40年以上に渡り、パレスチナ問題に関わるシンボルのような存在として位置づけられてきた。それがこの2週間近く供給ルートは遮断され、どん底にまで落ち込んだ。現在も残されている大半の人々は口にするものがないほどの飢餓にされされた。 続きを読む

危機的状況が続くヤルムーク地区

http://www.theguardian.com/world/2014/apr/19/syria-besieged-refugees-yarmouk-starvation?CMP=twt_gu

いまだ18000人が暮らしているとされるヤルムーク地区で食糧危機が再び訪れようとしている。日曜日には食料が底を尽くと予測されている。10日間、食料がヤルムーク地区に運ばれた形跡はない。政府軍による包囲網は相変わらず厳重である。

UN Relief and Works Agency (UNRWA)によれば、一日に700のフードパケットが必要とされている。1パケットで5~8名の食料が詰め込まれている。しかし、ここ最近になって、食料の搬入が停滞している。1月に一度は食料の搬入を許したアサド政権は再び兵糧攻めに乗り出している。 続きを読む

取材への道筋-ゼロからの出発-

現在、トルコのイスタンブールに滞在しています。黒海を挟んだ対岸のウクライナは今年に入り急速に事態が悪化しています。メディアの報道も日々更新されており、現地からのレポートも熱を帯びています。それに比べて、トルコと900キロに渡り国境を接するシリアの情勢は現地からの報道は激減し、国家そのものが変容して魑魅魍魎、多種多様な勢力が跳梁跋扈しています。

http://www.reuters.com/article/2014/04/20/us-syria-crisis-france-idUSBREA3J04320140420

10か月に渡りシリアに閉じ込められていたフランス人記者4人が金曜日の夜にトルコとの国境沿いの町に移送され、解放されました。実行犯はイスラム国と報道されていますが、解放された動機については曖昧模糊としたままです。フランスのファビウス外相は身代金の支払いはなかったと述べていますが、どこまでが本当なのかは分かりません。誘拐ビジネスがシリアに根を張りつつあることは間違いないでしょう。 続きを読む

ブログについて

シリアのニュースだけ書き込みをしてきました。まさか毎日、毎日、シリアのニュースがこれだけ多様に報じられて更新されていくとは思いもよらなかったです。ただ、このブログは他人の記事を

シリアのニュースだけ書き込みをしてきました。まさか毎日、毎日、シリアのニュースがこれだけ多様に報じられて更新されていくとは思いもよらなかったです。ただ、このブログは他人の記事を多少の主観を織り交ぜて翻訳しているに過ぎません。誰だって、少し英語が出来れば、辞書を片手に時間をかければ無料で海外から記事を拾えちゃいます。その程度のブログです。

百聞は一見にしかず。現場に直接足を運んで、見たこと聞いたことを報道するのがジャーナリストの仕事だと思っています。ただ残念ながら、今のシリアは記者や写真家にとっての墓場です。自己責任と言えども、誘拐された際に身代金をポケットマネーで払えるのか、殺害された際に悲しむ家族や恋人や友人はいないのか、自己責任ではなく、シリアで取材することは自分勝手な行動です。

それではこのまま現地の活動家だけに任せてシリア情勢を眺めていればいいのか。二の足を踏んでいる時点で僕はもうシリアからは遠ざかっていると感じています。難しいことを抜きにして、ただただ突っ走るのが駆け出しの頃の僕の報道姿勢でした。それが唯一の僕の取り柄でした。でも悲観的なことばかりが頭を掠めて、楽な方へと逃げることばかり今は考えています。悔しいけど、どうしようもない。

2年前のダマスカスでの体験が僕をシリアに導いてくれました。正義感は他人に押し付けられるものではなく、自分自身に植え付けられるものだと実感しました。しかし、2度目、3度目とアレッポに足を運び、限界だなあと感じ、状況の改善を待つこと1年、ますます悪化してしまいました。愚痴、申し訳ありません。

ブログは変わらず更新していきます。目新しいことは特にありませんが、これからもよろしくお願いします。

身に植え付けられるものだと実感しました。しかし、2度目、3度目とアレッポに足を運び、限界だなあと感じ、状況の改善を待つこと1年、ますます悪化してしまいました。愚痴、申し訳ありません。 ブログは変わらず更新していきます。目新しいことは特にありませんが、これからもよろしくお願いします。

化学兵器使用か-追加-

http://www.nytimes.com/2014/04/13/world/middleeast/damascus-and-rebels-trade-blame-in-gas-attack.html?ref=middleeast

金曜日の夕方、ハマ県の村Kfar Zeitaで化学兵器が使用された。呼吸困難に陥った人々が村の診療所に次々と運ばれた。反体制派の活動家は、政府軍のヘリコプターから投下された爆弾から化学物質が周囲にまき散らされたと報告している。しかし、政権側は反体制派の仕業だと応酬した。被害者は100名以上にのぼる。

国営放送(政権側)は、ヌスラ戦線を名指しで批判し、今回のガスによる攻撃は彼らの仕業であり、2名が死亡、100名以上が負傷したと報じている。しかし、去年の夏に引き起こされたサリンを使用した大規模な攻撃の首謀者は政権側だと欧米は断定している。今回の攻撃が政権側の犯行である可能性は高いが、政府軍は過去の事例から小規模であれば使用しても問題ないと捉えている節がある。なぜなら、どれだけ人がどのような形で殺されようとも、国際社会がシリアに直接介入してくることはないと判断しているからである。

西側の高官は反体制派側が化学兵器を所持しているという情報は入っていない。しかし、一部の過激な勢力が政府軍に対して有毒な兵器を使用する可能性は否定していない。こう述べている。

化学兵器が使用されたからシリアの戦況に大きな変化が現れるのだろうか。僕は何も変わらないと思います。すでに去年の夏の軍事介入の危機がお流れになって以降、化学兵器はレッド・ラインではなくなりました。だからこれからいくらでも政府軍は化学兵器をバシバシ使ってくると踏んでいます。ただ一応、廃棄はされているようなので、サリンほど強力ではない有毒なガスの使用にとどまるのかと思います。

化学兵器使用か。

https://www.youtube.com/watch?v=COU_mm4Ogu4

この映像がツイッターを通して流れてきました。4月3日、ジョーバル地区で化学兵器により負傷した市民なのか武装勢力なのか定かではありませんが、その様子を撮影した映像です。ジョーバル地区はダマスカス郊外というより近郊です。

http://english.alarabiya.net/en/News/middle-east/2014/04/04/Assad-s-forces-accused-of-new-poison-gas-attack.html

気になって記事はないかと思い、行き着いたのがまずはアル=アラビーヤからの報道でした。ロイターによれば、今回の事件が発生する前にアサド政権は国連に事前にこのような通達を行っていました。「ジョーバル地区で反体制派が有毒なガスを用いた攻撃を計画している」。テロリストとの会話を政府軍が傍受し、反体制派の支配地ではガスマスクが配布されているというものです。 続きを読む

安定からは程遠いシリアの実情

http://www.nytimes.com/2014/04/06/world/middleeast/break-in-syrian-war-brings-brittle-calm.html?ref=middleeast&_r=0

Anne Barnard記者からの報告です。彼女のツイッターをフォローしていますが、ダマスカスの写真が頻繁にアップされていました。

ダマスカスの雰囲気が変化したことは明白である。この文章から始まる彼女は首都ダマスカスの様相を「Brittle Calm(儚げな静けさ)」と形容しています。風船から空気が漏れ出すように町から警戒感が薄れつつある。検問は縦横無尽に張り巡らされているが、歩哨は穏やかで冗談が飛び交うほど市内は落ち着いているように見える。 続きを読む

CNNから-Forget Ukraine, Syria is now the world’s biggest threat-

ウクライナの情勢を目で追うこともしていないのですが、日本の新聞を読めば、それなりに情報が入ってきます。シリアと異なり、日本のメディアもウクライナ入りして、今後の選挙やらロシア、欧米の動向などを細かく報じています。そんな中で、ガーディアンや他紙で編集委員を務めるSimon TisdallがCNNにこんな記事を寄稿していました。詳しく見ていきます。

http://edition.cnn.com/2014/04/03/opinion/syria-refugees-tisdall/index.html?hpt=imi_t3

クリミア半島のロシア併合は国際社会の関心事を釘づけにしている。新たな冷戦の始まりか。メディアだけでなく、政治家も外交官もウクライナの情勢に目を奪われている。シリアすら蚊帳の外に置かれている状況は非常に大きな過ちを犯している。シリアで起きてる大惨事は世界の秩序への脅威として認識されなければいけない。 続きを読む

15万人から22万人

http://www.theguardian.com/world/2014/apr/01/syria-civil-war-death-toll-150000

4年目に突入したシリアでの内戦による死者は15万人に到達しました。ただし、僕の読み間違えがなければ、多く見積もれば22万人に達しているのではという報告も見られます。国連が最後に死者数を打ち出したのが2013年7月。10万人を超えたところで正確な死者数を算出できないということで打ち切りになり、今回の数字はシリア人権監視団からの報告になります。国内・国外避難民は9百万を超え、単純計算で国民の100人に1人が命を落とし、2人に1人が難民と化しています。もちろんシリアには体制派、反体制派共に外国人勢力が多数紛れ込んでいるので、こうした計算方法を適していませんが。 続きを読む