化学兵器について-追加-

化学兵器による攻撃で1000人以上が殺害された。大惨事です。しかし、現場の地獄絵図を思い描ける人がどれほどいるでしょうか。空爆が秒読み段階だと報じられる中、国連の調査団の調査結果を待たずして、空爆を行うのは非道だ。こんな意見を言う人は、この2年半のシリアの内戦をどのように受け止めているのでしょうか。逆に化学兵器でたくさんの一般市民が殺された、空爆は当然だ。こんな意見の言う人は、それじゃあ、実際の現場がどのような惨状であったのかを詳細に語ることはできるでしょうか。シリアから遠ければ遠いほど、距離的にも利害関係からも、そんな国ほど報道が短絡的になりがちです。これは僕自身にも言えることです。僕の頭の中は「空爆はいつ始まるのか」「始まったらアサド政権はどうなるのか」と空爆の原因ともなった化学兵器で命を落とした人たちのことを忘れがちです。説教臭いことを書き綴って申し訳ありません。NYTimesからの記事になります。以前のブログの内容とかぶる箇所もあるかもしれません。誤訳もありえるので、英語が多少でも出来る方は原文を読んでもらえれば助かります。

http://www.nytimes.com/2013/08/27/world/middleeast/blasts-in-the-night-a-smell-and-a-flood-of-syrian-victims.html?_r=1

ミサイルが着弾して数時間後、まだ夜が明けきらないダマスカス郊外の病院に数千人の人々が押し寄せた。搬送されてきた患者は身体を痙攣させ、口からは泡を噴き上げていた。彼らの視界はぼやけているようであり、多くが呼吸困難に見舞われていた。困惑した医師たちは大急ぎで解毒剤を投与し、化学兵器に侵された神経機能が回復することを願った。次々と運び込まれる負傷者、やがて解毒剤は底を尽きた。さらなる毒ガスによる汚染を防ぐため、患者の衣類は脱がされ、水で身体を洗い流した。 続きを読む

来週の事を言えば鬼が笑う

シリア情勢の先を見据えた憶測ほど当てにならないものはないと思います。これまでいろいろと報道されてきた中で、投げっぱなしのまま回収されることのない報道が多数あるように感じます。それだけシリアの先行きは見通せないほどカオス化しているということです。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/syria/10265765/Navy-ready-to-launch-first-strike-on-Syria.html

おお!って記事です。アメリカと共に英国がシリアに向けて巡航ミサイルを発射するための用意がある。既に巡航ミサイルの着弾候補地をリストアップするという最終局面にまで達しているそうです。政府筋の話によれば、英首相とオバマ大統領も含めた他国の指導者との協議は続けられており、早ければ来週中には何かしらの軍事行動に打って出るという算段が整えられつつある。 続きを読む

Maher al-Assadとその仲間たち

http://www.theguardian.com/world/2013/aug/24/assad-brother-syria

「Did Assad’s ruthless brother mastermind alleged Syria gas attack?」

1年以上、彼は姿を消したままである。しかし、バッシャールが公の場に姿を現している一方で、マーヒルは彼の影となって存在感を残しつつある。マーヒルはシリアが内戦に突入して以降、多くの局面で重要な役割を果たしてきた。ダマスカス郊外から中央へと侵食しつつある反体制派勢力を水際で食い止めているのが彼が率いる獰猛な部隊、陸軍第4機甲師団である。先週に発生した化学兵器使用による大虐殺。果たしてこの残虐非道な行為にマーヒルは関与しているのだろうか。

警察組織を束ね、バース党中央委員会に席を置く彼は、破壊と反乱が止まない現状に至っても、決して無視できない存在感を強固に維持したままである。反体制派が政府軍の支配地域を奪取している中で、陸軍第4機甲師団は政府を代表する重要な支柱として内戦に深く関与してきた。マーヒルは2000人の部隊長のトップとして、また共和国防衛隊をも率いる軍の指導者として君臨している。ダマスカスが戦火に包まれて以降の郊外への総攻撃は陸軍第4機甲師団と共和国防衛隊が担っている。 続きを読む

Médecins Sans Frontièresからの報告

各国のメディアがMédecins Sans Frontières(MSF)からの報告を取り上げていたので、ブログでも紹介できればと思います。

http://www.msf.org/article/syria-thousands-suffering-neurotoxic-symptoms-treated-hospitals-supported-msf

MSFが支援するダマスカスの政府管轄区の3つの病院で、化学兵器の使用が確認された水曜日の午前中だけで、神経性の症状を訴える患者をおよそ3600人受け入れたことを明らかにした。その中で、既に355人が命を落とした。

2012年からMSFはダマスカスの行政区にある病院やクリニック、医療関係者と連携を取りながら、薬剤、医療設備、医療技術の提供を行ってきた。内戦が激化し、MSFのスタッフが現地で直接活動することはできない。安全面を考慮してのことである。しかし、現地の医療関係者との繋がりから、今回の報告を受けた。患者に見られる症状は、「けいれん、ひきつけ」、「唾液分泌の過多」、「眼球の縮瞳」、「視界の狭窄」、「呼吸器疾患」などが上げられる。 続きを読む

Human Rights Watchからの報告

http://www.hrw.org/news/2013/08/21/syria-witnesses-describe-alleged-chemical-attacks

最初の証言者である7名の住民と2名の医師がHuman Rights Watch(HRW)に語った。多くの子供を含めた、数百人が8月21日の早朝の攻撃により、呼吸困難に襲われた。彼らの言葉が事実であるのならば、今回の攻撃は恐るべき犯罪が行われたという懸念が沸きあがる。東グータ地域での惨事に政府側は犯行を否定している。

大量の死者を出した今回の惨事に対して、法を逸脱した大量殺戮の責任者と化学兵器が使用されたかどうかをしっかりと見極める必要がある。そのためアサド政権は国連の調査団を現場に急行させるための許可を与えるべきである。HRWはこう述べている。

政府側の支配地域から発射された化学兵器が搭載されたミサイルによる攻撃は複数の町に被害が及んでいると現地の目撃者は語る。Zamalka, Ayn Tarma,  Moadamiyaなどの町である。Ayn Tarmaからの活動家の話では「巨大な噴煙が町全体を包み込んだ。大半の住民がマスクを装着したが、それでも誰もが咳き込み、幾人かは呼吸困難に陥った」。被害を受けた地区は居住区で商店街が立ち並ぶ商業区域。そこに隣接するように国道が走っている。つまり化学工場や軍事施設が被弾して周囲に化学物質が拡散したという二次的な被害だとは考えにくい。 続きを読む

化学兵器について

http://www.bbg.gov/blog/2013/08/19/one-year-later-alhurra-tvs-bashar-fahmi-remains-missing/#.UhO-1PRCvE8.twitter

山本美香さんとは面識がないので、彼女に関しては何も語ることができません。しかし、あの当時、山本さん以外にも数名の記者やカメラマンが同行していました。銃撃戦が発生し、山本さんは殺害され、トルコ人記者のCüneyt Ünal氏は政府軍に拘束されました(Cüneyt Ünal氏は11月に釈放)。その他、もう1人記者がいました。Al-Hurra TVの特派員であるBashar Fahmi氏です。彼は現在も行方不明です。昨年、28名の記者(写真家)が命を落とし、21名が誘拐され、15名が投獄されています。山本さんが亡くなられて、1年が経過しました。シリアはますます混迷を深めています。

化学兵器が使用されたというニュースを聞いて、耳を疑いました。なぜ今なのか。国連の調査団が数日前にダマスカスに到着した矢先の出来事です。1年以上前に遡ります。僕がシリアのドゥーマに滞在中、国連の停戦監視団がシリアに派遣されました。その途端、ドゥーマが戦火に包まれました。なぜ今なのか。これには明確な答えがあります。停戦監視団がドゥーマを視察する際に、反体制派の人間を黙らせるため、恫喝の意味を込めての猛撃でした。しかし、今回の化学兵器による大規模な攻撃には理解に苦しみます。ダマスカス中心部から車で30分あれば行けるような場所での惨劇です。ある活動家が「匂いぐらいはしたんじゃないか」と国連の調査団を皮肉るような呟きをしていました。 続きを読む

難民について

下記のブログの補足を少しばかり。

http://edition.cnn.com/2013/08/17/world/meast/lebanon-pilot-kidnappings/index.html?eref=edition&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=cnni

トルコ人の操縦士が誘拐された件で、Lebanon’s state-run National News Agencyは、レバノンの治安当局により3名の容疑者を拘束したと報じました。しかし、2名の操縦士の行方は現在も不明です。

http://vimeo.com/55690746

ヨルダンのザアタリ難民キャンプで暮らす子供たちの「Tiny Souls」です。子供たちの笑顔には癒されますが、無邪気だからこそ彼らが語る言葉の重みにはグッと胸を締め付けられます。僅か9分足らずのドキュメンタリーですが、必見です。英語字幕あります。でも・・・アラビア語勉強してるのに、子供たちが何を話しているのかまったく理解できなかった。言葉の重みを汲みとるには、アラビア語は必須なんだよなあ。頑張ろう。 続きを読む

狙われる外国人-誘拐-

エジプトが混沌としていますね。アルジャジーラもエジプトからの報道一色。ライブ中継や識者を招いての討論、特集などが組まれています。でも下手にエジプトの話題を追っても、中東に関わって1年足らずの僕に語るべきことはないし、シリアで僕の脳みその容量が限界値に達しているので、シリアから他国に手を出すことは控えます。そもそもエジプトには一度も足を運んだことがないし。

http://www.rorypecktrust.org/freelancers-and-syria-do-you-reallly-have-to-go

The Rory Peck Trust。フリーランスを支える慈善団体。こんな団体あったんだあ。初めて耳にしました。そんな彼らからの忠告です。 do you really have to go?

現在までにシリアでは37名の外国人記者(写真家)が誘拐されています。内訳は27名がフリーランスで、残り10名については身元が分かっていません。シリアは数ある紛争地の中でも飛び抜けて危険な地域に指定されています。誘拐されている数字から見ても、メディア関係者にとっては前代未聞、時が経過すればするほど事態は悪化の一途を辿っています。もはや古参、新参問わず、誰しもが誘拐の危険にさらされる可能性があります。我々(RPT)にはフリーランスの人間を強制的にシリアの取材から遠ざけることはできません。それでも今一度、彼ら(フリーランス)には(彼らを)支える家族や同僚がいることを考慮してほしいと願っています。特にシリア北部の状況は昨年と比べると状況が一変しています。 続きを読む

余談-死生観-

シリアの話題から外れます。余談になります。たまにはこんなのもいいかなと。興味がない方はスルーしてください。少しだけ僕のことについて語らせていただきます。仮にフリーのジャーナリストを目指している方がこのブログに目を通しているのであれば、少しでも参考になれば幸いです。

半年休学、半年留年を経て、23歳で大学を卒業した僕は、就職活動を一切することなく、そのままフリーのジャーナリストを志して取材活動を始めました。取材先はカシミール。帰国後はイラクの空爆と重なり、カシミールの知名度も日本では薄く、なにより実績がまったくない僕自身の経歴も反映されて、売り込みは順調とはいきませんでした。立て続けに訪れた出版社6社、全てにノーを突きつけられました。しかし、捨てる神あれば拾う神あり、小学館のSAPIOでの掲載が決まりました。もしここで蹴られていたら、今の僕はいません。なぜならSAPIOが最後の売り込み先だと決めており、ここで無理なら足を洗うつもりでした。その時の編集者とは今でも繋がりがあります。彼は数年前に小学館を退社して、今は安全保障の分野で活動しています。 続きを読む

暗躍する大国-サウジアラビア-

シリアで絶大な影響力を誇るサウジアラビア。サウジアラビアを語らずして、シリアの情勢を正しく理解することは難しい。とは言うものの、僕もサウジアラビアの詳しい(シリアでの)立ち位置を把握出来ていません。何となーく、反体制派に味方しており、中でも外国人勢力の強力な後ろ盾であり、武器の供給を行っているぐらいの知識かな。暗躍する大国と題するほどのネタはありませんが、先日、見かけたある記事が気になったので、ちょっと紹介したいと思います。

http://www.reuters.com/article/2013/08/07/us-syria-crisis-saudi-russia-idUSBRE9760OQ20130807

「Saudi offers Russia deal to scale back Assad support」

欧州の外交官からのソースになります。ロシアとサウジアラビアの会談を調整したのはサウジアラビアの情報機関のトップであるBandar bin Sultan氏。会談は、先週に設けられたと記事にありますが、ロイターから打電された日付が8月7日なので、現時点では先々週に設けられたことになります。ロシアはアサド政権を支える重要な立役者です。サウジアラビアはその立役者の切り崩しを狙い、今回の会談へと漕ぎ着けました。 続きを読む