革命の都市ダーリヤー

英語表記だとDARAYA、DARAYYAと表示されていますが、アラビア語表記だとداريا 。実際に耳にすると、ダーリヤー、ダーリッヤーと聞こえるので、アラビア語表記で統一したいと思います。革命の都市と言えば、まっさきに思い浮かぶのがドゥーマです。ただダマスカスから最も近い革命の都市となると、ダーリヤーではないかと思います。そこが遂にアサド政権の手に落ちました。何年も包囲されながら、必死の抵抗を続けてきたのですが。。。

http://www.reuters.com/article/us-mideast-crisis-syria-daraya-idUSKCN11023Q

ダーリヤーはダマスカス中心部から僅か7キロ足らずの距離に位置する町です。2011年から抗議デモが頻繁に発生し、内戦に陥ってからは武装闘争が本格化しました。これまでダーリヤーでは数々の停戦合意がありましたが、今回は反体制派が降伏しました。この数週間、ダーリヤーは空爆の嵐でした。その結果を受けてのことでしょう。

続きを読む

ダマスカスからの声

ああ!ダマスカスに行きたい。シャワルマ食べて、シーシャ吹かして、公園で日がな一日ボーとする。現在、ダマスカスには海外メディアがそれなりに入っています。日本のメディアも。もちろん正規のビザを取得しての入国なので、報道規制でガンジガラメにされていると思いますが。LATimesの記事を紹介したいと思います。

http://www.latimes.com/world/la-fg-syria-damascus-20130917,0,7553800.story

ドスンと重い音が鳴り響いても、ダマスカスの中心部で暮らす住民に動揺は見られない。砲弾は中心部(体制派支配地域)から郊外(反体制派支配地域)へと軌道を描いて飛んでいく。着弾する爆音を耳にするだけで、郊外が実際どうなっているのかは誰にも分からない。 続きを読む