混迷するシリア情勢

数日前にシリアとの国境に近い町、ハタイ県に属するレイハンリで車爆弾が炸裂しました。市内の市民ホールと郵便局前で2度の爆発。死者は46名、負傷者は100名を越えます。僕は去年の11月、レイハンリからシリアのイドリブ県に入国しました。国境は鉄条網で覆われていますが、完全なザルです。検問に向かうと、トルコ兵が「ここは閉鎖中だから、入国は出来ない」と僕とフィクサーに告げました。「ただ、あそこからなら入れるけどな・・・」と指差した方向には鉄条網が捻じ曲げられて、ポッカリと穴が空いている。当時はそんな感じでした。ただ今回のテロを受けて、現在はレイハンリから容易くシリアに入国できるかは不明です。レイハンリ自体、シリアのような雰囲気です。イドリブやアレッポから逃れてきた難民、これから聖戦に向かう自由シリア軍、彼らを後方支援する医師や商人、そして彼らを快く思わない現地人。テロの実行犯が誰なのか、容易な判断は下せません。今のシリア、周辺諸国を巻き込み、様々な思惑が国家から個人に至るまで蠢いています。ちなみに、レイハンリに行きたい!ここからシリア入りしたい!そんな無謀な方のために、安価な交通手段を書き記します。イスタンブールから長距離バスでアンタキヤまで向かう。アンタキヤからミニバスでレイハンリ。以上です。

CNNが分かり易くシリアの情勢を説明していました。タイトルは「5 reasons Syria’s war suddenly looks more dangerous」と題された記事です。冒頭部分でシリアの状況をソマリアに例えています。ソマリアと言えば、「無政府国家」の代名詞のような存在。そのソマリアを押し退けて、今のシリアは「無政府国家」の頂点に君臨しています。 続きを読む

今後のシリアの行方

シリア情勢を眺めていると、中東がどれほど複雑な地域なのかを痛感させられます。もちろんこれまで訪れた紛争地にも複雑な要素は絡み合っています。宗教、領土、民族、貧富、互いの利害関係も含めて、決して譲歩することができない部分が火種となって、紛争へと発展しています。シリアもそれは変わりませんが、規模がでかすぎて、ついていけない僕がいます。そもそも中東に関心を寄せたのも、シリア取材以降なんで、まだ1年足らずだし。ということで、中東専門家の方々にはこのブログは幼稚だったり、事実関係と異なっていたり、鼻で笑われる部分もあるとは思いますが、誤りがないようにあくまで主観は出来る限り控えて、海外の記事の引用を中心に更新していくように心掛けています。あとシリアに無関心な方に少しでも興味を抱いてもらえればと願っています。

続きを読む

首都ダマスカスを空爆

バニアスでの虐殺に関する記事を探そうとしても、目新しいものが見つからない。先ほど確認したバニアスでの新たな映像には大量の遺体と共に政府軍が村内を闊歩していました。撮影者は政府軍の兵士だと思われます。まだまだ殺戮は続いていると想像していますが、昨日のイスラエルの空爆が全てを吹き飛ばしました。カシオン山の軍事施設をイスラエルが空爆し、火薬類に引火したのか、巨大な火の玉がダマスカスの夜空を真っ赤に照らし出しました。

http://www.youtube.com/watch?v=f_j8ID-m1pU&feature=youtu.be

シリアの真下に位置するイスラエルは革命当初から沈黙を守り続けていた。無関心でいられるはずもなく、黙って静観していたのだろう。しかし、シリアのアサド政権とレバノンのヒズボラとの連携が、長期化する内戦の中で、徐々に緊密性を帯び、中東の目の上のタン瘤、イスラエルを突き動かした。

続きを読む