The World Abetted Assad’s Victory in Syria

久しぶりのブログの更新になります。シリアの情勢を綺麗にまとめた記事がありましたので、そちらを意訳できればと思います。拙い英語力なので、原文が読める方はぜひそちらに目を通していただければ幸いです。

https://www.theatlantic.com/international/archive/2018/08/assad-victory-syria/566522

7年以上にわたる内戦によりシリアの人口の半分が家を捨て、町は瓦礫となり、50万人以上の人々が命を落とした。そして今、バッシャール・アサド大統領の勝利は目前に迫っている。7月にアサド政権はシリア南部の都市、ダラーを奪還し、制圧した。ダラーは2011年の民衆蜂起が発生するきっかけを作った反体制派にとっては象徴的な革命都市だった。

アサド政権が勝利目前と書き記したが、実際は異なる。戦争が終息するにはまだ先は長い。アサド政権がシリア全土を統一したわけではない。クルド人が主に支配権を確立しているシリア北東部、そして唯一の反体制派が拠点としているイドリブ県が残されている。民衆蜂起直後、数カ月以内にアサド政権は崩壊するだろうと予測した西側諸国の思惑とは裏腹にアサド大統領は7年以上が経過した今も権力の座に留まっている。 続きを読む

シリアの経済状況と内戦下で暮らす人々

長期化する内戦で、シリアの台所事情は火の車。物価の高騰、シリアポンド(SP)の急落、経済制裁。金持ちは祖国を捨て、中間層は貧困層に転落し、貧困層は死につつある国。経済が回らなければ、国家の運営が立ち行かなくなるし、そこで暮らす人々は飢えるしかない。

http://www.washingtonpost.com/world/middle_east/plunging-currency-adds-to-syrias-gloom/2013/07/16/f0d53210-ed6b-11e2-bb32-725c8351a69e_story.html

海外に取材に行く際、銀行で円をドルに両替します。民主党政権下では未曾有の円高に見舞われ、日本経済は別にして、僕自身は大変助かりました。シリアの通貨はどうなんでしょうか。今回の民衆による革命が起こる(2011年3月)以前は1ドル=47SPでした。その1年後に僕がシリアを訪れた際のレートは1ドル=76SP(闇両替)。正規だと1ドル=61SPぐらいだったかな。そして現在のシリア、先週の闇両替でのレートは1ドル=300SPオーバーです。 続きを読む