ロシアがシリアで成し遂げたこと

http://www.nytimes.com/interactive/2016/03/18/world/middleeast/what-russia-accomplished-in-syria.html?ref=middleeast&_r=0

NYTIMESが地図を用いて、ロシアの軍事介入以降のシリア情勢を分かりやすくまとめています。勢力範囲がどのように変化したのか。空爆はどの地域が激しくやられたのか。文章は多くないので、僕があれこれ説明する必要もないかなと思いますが、簡単に紹介します。

最初の地図は黄色が反体制派、赤がイスラム国と色分けされ、〇の大小によって、空爆の激しさを示しています。ロシアはイスラム国への空爆を積極的に行っていないという指摘が幾人かの識者の方から聞こえましたが、それなりにやっています。ただ、それ以上に反体制派への空爆が容赦ないので、そちらが目立っているのでしょう。

二枚目が今述べたことを踏まえた地図です。青がアサド政権、赤がイスラム国になります。三枚目が青がアサド政権と彼らを支持する民兵等々、黄色が反体制派です。やはり目立つのがアレッポとイドリブです。特にアレッポはイスラム国と反体制派から戦略的に重要な供給ラインなどを奪取しています。ラタキアも反体制派の支配地域を縮小させ、アサド政権の牙城が強化されました。

最後の地図が衝撃的でした。緑がクルド人勢力になりますが、めっちゃ元気です。ロシアの空爆から僅か半年で、これほど勢力範囲を広げたのには驚きです。にもかかわらず、和平協議では招待されることなく、蚊帳の外に置かれています。それに反感を抱いたのか、PYD(民主統一党)が3地区(アフリン、コバニ、ジャジーラ)の連邦制を宣言しました。

http://www.theguardian.com/world/2016/mar/20/syria-opposition-geneva-peace-talks-mohammed-alloush

こちらは反体制派の交渉役の一人で「イスラム軍」の政治部門担当のモハンマド・アルーシュのインタビューです。アサド政権と国際社会への不満を語っています。和平協議、さらなる進展は望めそうにもありません。ただ、今日、イドリブで暮らしているシリア人とチャットしてたんですが、ここ最近、静かだそうです。停戦はある程度の効力は発揮しているみたいです。

ひと目で理解できるシリア情勢

CharlesLister氏が作成したシリアの勢力関係図に少し説明を加えたいと思います。

http://indy100.independent.co.uk/article/this-very-simple-chart-should-clear-up-the-whole-war-in-syria-for-you–WyBZZEIz0g

こちらがその勢力関係図です。誰と誰が敵対関係であるかがこの一枚で理解できますが、線が入り乱れて、何がなにやら。つまり、この図を作成した意図はいかにシリアが複雑な様相を呈しているかを説明したかったのだと思います。視覚に訴えかけるのは有効な手段です。ただ、一つ一つを拾っていけば、意外と容易く理解できるんじゃないかと思い、僕が知っている範囲で図解できればと思います。 続きを読む

アレッポ北部の攻防戦-追加-

ロシアの空爆による民間人の死者が多数報告されています。月曜日にはイドリブやアザズで少なくとも3つの病院と学校が空爆されました。ロシアは関与を否定していますが、この地域で空爆を行える、行うのはアサド政権かロシアに限定されます。今回はここ3週間ほどのシリア北部での勢力図の変化について紹介できればと思います。

http://www.vox.com/2016/2/16/11020140/russia-syria-bombing-maps

とても分かりやすい記事です。3つの地図を引用して、最近のロシアの空爆と各勢力の動きを分析しています。一つ目がISWの地図を基にして、ロシアがどの地域を激しく空爆しているかを説明しています。アレッポ北部、東部、イドリブ県、シリア南部のダラー県などに集中しています。停戦に向けてロシア、アメリカが協議をしている最中にも容赦なく爆弾は降り注いでいます。 続きを読む

シリアー死者470000人ー

http://www.pbs.org/wgbh/frontline/article/a-staggering-new-death-toll-for-syrias-war-470000/

シリアの死者数の新たなデータです。2011年3月以降、シリアで間接的、直接的に命を落とした者は470000人というものです。死者を算出したのはthe Syrian Center for Policy Research (SCPR)という機関になります。

SCPRの分析によれば、シリアの人口の11.5パーセントが負傷したか死亡したかどちらかだと述べられています。400000人が直接的に、70000人が間接的に殺されています。間接的の理由としては、医療設備の破壊から治療が受けられなかった人、不衛生な環境により伝染病が蔓延したこと、食料不足により栄養失調、餓死した人などです。負傷者は1880000人と推計されています。 続きを読む

Mapping Syria’s rebellion

http://www.nytimes.com/2013/07/18/world/middleeast/momentum-shifts-in-syria-bolstering-assads-position.html?pagewanted=1&_r=4&ref=global-home

シリアの「今」が綺麗にまとめられている記事です。アサド政権が反体制派の領土を徐々に侵食していること。それに対抗するべき武器の援助が欧米諸国から得られないことへの自由シリア軍(FSA)の苛立ち。FSAが存在することで空爆や砲弾の嵐に見舞われ徹底的に破壊される町と市民のFSAへの憤懣、憤怒。一致団結して政府軍に対抗すべき反体制派勢力の内部での分裂。外国人勢力の存在。それに比べて政府側はロシア、イラン、レバノンのヒズボラの支援の下で、クサイルを陥落させ、窮地に立たされた首都ダマスカスに多少の安堵感をもたらした。この記事には触れられていないけど、エジプトの政変にもアサド政権にとっては追い風になっている。左団扇で余裕かましてるのかなあ。アサドさんは。 続きを読む

シリアでの死者数の詳細データ

動画を一つ紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=foaQ5RdoY5Y&feature=youtu.be

これまで何度かブログでも取り上げたダマスカス近郊のジョーバル地区での出来事です。英訳が表示されていますが、一応、簡単な説明を付け加えます。政府軍の兵士が女性を拉致し、暴行を加えた上で、半裸の状態で銃弾飛び交う国道のど真ん中に放置。政府側の仕掛けたワナであることを承知の上で、果敢にも自由シリア軍の兵士が彼女に駆け寄る。しかし、彼女に近づいた途端に銃声が鳴り響く。それでも彼は諦めず彼女を抱きかかえるが、途中で銃弾を浴びて殉教した。彼女もしばらくしてその場で亡くなり、彼の他3名が同じように命を落とした。 続きを読む