イスラム軍司令官、ザハラーン・アッルーシュの死

昨日、ザハラーン・アッルーシュ(Zahran Alloush, زهران علوش)がロシア軍の空爆により殉教しました。彼は1971年生まれ、ダマスカス郊外のドゥーマ出身です。彼の息子の一人はサラフィー主義の説教師でサウジアラビアで暮らしています。彼自身もサウジアラビアのイスラム大学でシャリーアの修士号を取得している切れ者です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Zahran_Alloush

どのメディアでも彼の死は大々的に報じられています。

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/25/zahran-alloush-leader-syria-rebel-group-killed-airstrike

東グータ地域での会議中にロシア軍の空爆を受けました。アッルーシュの他に5名の指揮官が殺害されました。彼は経歴からも分かるように厳格なイスラム教徒です。アラウィー派やシーア派の排除を促す言動も見られました。しかし、イスラム国とも敵対しており、宗派間の抗争を煽るような言動は最近では見られず、西側諸国から受け入れられやすい人物だと思われていました。 続きを読む

躍動する大国-サウジアラビア-

泥沼化したシリアを救う手立てはもう尽きた。唯一、可能性があったかもしれないと思うのは、化学兵器使用後の軍事介入を実行に移すことだった。もちろんその先に光が見えるわけではないけれど、少なくとも大きな分岐点ではあった。米国が設定した「レッド・ライン」を超えたわけだから、迅速に限定的だろうと介入すべきだった。アサドの大罪はうやむやにされ、ノーベル賞を受賞した化学兵器禁止機関はアサド政権の姿勢に満足し、国連は未だに話し合いの場での解決を模索しようとしている。呆れ返る。そして、反体制派同士の殺し合いが加速する現在、アサド政権には追い風が吹いているように思える。

http://www.buzzfeed.com/mikegiglio/confessions-of-a-syrian-activist-i-want-assad-to-win

外国人勢力の存在がシリアの革命を貶めている。活動家からの悲痛な叫びです。2012年夏、反体制派はアサド政権に猛攻を仕掛けた。アサドが倒れるのも時間の問題だと誰もが感じた。2週間、1カ月、時は流れて、1年が経過すれば、アサドとは別の敵が目の前に現われていた。彼らは三ツ星の国旗を振って、革命を賞賛するわけでもなく、民主主義を嫌悪し、イスラム国家に情熱を傾けた過激な勢力だった。革命はシリア人のためではなく、革命はイスラムのため。革命の位置づけが徐々に変容しつつある。アサドの方がマシだ。そんな声が微かに聞こえる。 続きを読む