拡散する火種-レバノン-

自国だけに留まらず、他国へと甚大な被害をもたらすのが今のシリア紛争です。特に近隣諸国への悪影響は計り知れません。シリアでの内戦の当事者は自国民だけでなく、他国民も相当数含まれています。聖戦を掲げる勢力の国籍は乱立しており、反体制派側と体制派側で支持する国々も分かれます。先日、発生した自爆テロを背景にレバノンとシリアとの関わりを紐解いてみたいと思います。

http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304607104579210151841138592

11月19日、レバノンの首都ベイルートで2件の自爆テロがほぼ同時に同じ場所で発生しました。死者25名、負傷者147名。標的にされたのがイラン大使館です。犯行声明は Abdullah Azzam Brigadesが出しています。決して大きな勢力ではないみたいですが、アルカイダの流れを汲む、レバノンを拠点に活動するスンニ派で固められた組織です。イランが狙われたのは、もちろんアサド政権の強固な支持母体だからです。翌日の葬儀には黄色のフラッグに包まれた棺を抱えた参列者が見受けられました。銃を空に向けて打ち鳴らす。ここにイランに加えて、アサド政権を支える組織、ヒズボラが登場します。 続きを読む