アレッポとマンビジ

ここ最近のシリアでの大きな戦闘は二つあると思います。アレッポとマンビジです。2015年4月、コバニに訪れた際に、何人かの住民から「家族がマンビジでダーイシュに捕えられている」と聞きました。今回の作戦で彼らの家族は無事に解放されたのか気になります。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-36995759

マンビジはシリア北部の交通の要衝です。2年以上、イスラム国の強力な支配下に置かれていました。それが今回、クルド人(YPG、YPJ)主体のSDF(The Syria Democratic Forces )によってイスラム国から奪還されました。アメリカ率いる有志連合の空爆の援護を受けて、マンビジを包囲、イスラム国への投降を呼びかけたが拒絶、市街戦に突入し、先週の金曜から土曜、8割以上がSDFの支配下に置かれました。

http://www.kurdistan24.net/en/news/0b76a923-38d2-4292-b826-428235fbf911/Kurdish-led-forces-completely-liberate-Manbij–Syrian-Observatory

5月31日から開始されたマンビジ解放作戦は多くの死傷者を出しました。シリア人権監視団の報告によれば、432人の市民、そのうち104人が10歳以下の子供、54人の女性が亡くなりました。ただ、米軍主体の有志連合の空爆で、203人の市民、そのうち52人の子供と18人の女性が亡くなっています。半分程度が誤爆による死者になります。

続きを読む

シリアの今後-イスラム国の動向-

日本のメディアでも大きく取り上げられているイラク情勢。ISIS(islamic state of iraq and al-sham)がイラクで猛威を振るい、次々と主要都市を政府軍から奪還しているという報告。僕はシリアが専門です。イラクに関してはさほど注目していませんでした。ただし、シリアを追い続けていれば、イスラム国の話題は避けて通れません。

今回の取材で僕がイドリブ県を経由して、アレッポまで足を運べたのはイスラム国の影響力がこれらの地域から排除されたからです。アレッポに向かう途中に通過する町の大半が元イスラム国の支配地域であり、従軍していたジェイシュ・アル=ムジャヒディーン(JM)が「ここで俺たちはイスラム国と激しい戦闘をした。何人も仲間が殺されたし、何人もやつらを殺した」と説明していました。 続きを読む

シリアでの取材

長らく更新していませんでした。理由はアクセス制限がかけられており、帰国するまで解除ができなかったからです。現地から日記形式で書き綴る予定だったんですが。

今回、トルコからシリアへと入国しました。詳しい入国ルートに関してはここでは説明を省きます。正規であれば、紹介できるのですが、今回は少し違ったルートを使ったので。 シリアには1ヶ月滞在していました。あんなことやこんなこと、いっぱいありました。お世話になったのはジェイシュ・アル=ムジャヒディーンという反体制派組織です。詳しくはこちらに掲載されています。 続きを読む