アルカイダを育てた肥沃な大地-ヌスラ戦線-追加-

現在発売中の「新潮45」8月号に記事を掲載しています。僕自身について書かせていただきました。フリーを始めてから現在に至るまでの経緯を振り返っています。読者の方には「誰だ?こいつ」と思われているかもしれませんが、このブログを見ていただいている方であれば、多少は僕のことをご存じだと思うので、もしよろしければ目を通していただければ幸いです。

http://www.huffingtonpost.com/entry/under-pressure-syrias-rebels-face-al-nusra-quandary_us_578bbd07e4b0e7c8735055e4

以前にも取り上げたCharles Listerからの記事になります。アレッポの反体制派の中心地へと繋がる唯一の補給路が遂にアサド政権の手に落ちました。内側に取り残されている人々は300000人以上であると推測されています。封鎖されてから数日が経過して、燃料や食糧が枯渇し始め、果物、野菜、肉が市場から消え、食料の値段も400パーセントの上昇率を見せています。シリア全土で600000人がアサド政権、反体制派、イスラム国などに包囲されていますが、今回の一件で一気に900000人に増加しました。兵糧攻めだけでなく、樽爆弾、ミサイル攻撃はなおも続いており、活動家、支援団体は緊急の援助を求めていますが、国際社会の反応は芳しくありません。 続きを読む

イスラム戦線について

 

メモ程度ですが、イスラム戦線についての記事を2つ拾い読みしたいと思います。どちらも数日前にイスラム戦線を率いる司令官と指揮官が殺害された内容について書かれています。僕が今年の5月に従軍していた組織はムジャヒディーン軍ですが、頻繁にイスラム戦線の部隊とも顔を合わせました。一度、日帰りでイスラム戦線に連れられてアレッポを案内してもらったこともありました。ただし、彼らの旧組織は「スクール・アッシャーム」の構成員でした。

無数の反体制派組織が存在するシリアでは頻繁に合従連衡が行われます。その一つがイスラム戦線になります。2013年11月に結成されました。wikiを見ると、7つの組織で構成されています。中でも強大な力を誇るのがタウヒード旅団とアハラール・アッシャームでしょう。

事件が発生したのは9月2日、イドリブ県でアハラール・アッシャームのトップが密かに作戦会議を開いていました。そこで爆発が起きました。この爆発が自爆テロだったり、車爆弾だったり、政府軍による空爆、化学兵器など憶測が飛んでいます。どうやら政府軍が発射したミサイルが武器庫に引火し、煙が会議が開かれていた地下に流れ込み窒息死したのではという見解がもっともらしいです。少なくとも45名が命を落としていますが、その中で重要メンバーが数人含まれています。

Hassan Abboud、彼はアハラール・アッシャームの司令官でありイスラム戦線に政治部門のトップです。その他にも軍事部門、作戦部門、シャリーア委員会のトップなど重要人物が多数殺害されました。事件が発生した翌日には新しい司令官と欠如した部門のトップが選任されました。

アハラール・アッシャームはアルカイダと近い関係と言われています。しかし、ヌスラ戦線のように欧米からテロ組織に指定されていません。ヌスラ戦線とイスラム国の仲裁にも乗り出した過去がありますが、今年の2月にHassan Abboudの前任者であるAbu Khaled al-Suriがイスラム国の自爆テロで殺害され、現在はイスラム国と対立する中心軸としてアハラール・アッシャームは存在しています。

今回、アハラール・アッシャームの中心的な役割を担う人物の喪失は組織の運営に大きな支障をきたすことは明らかでしょう。Hassan Abboudはその人柄と豊富な知識から組織内部だけでなく、外部の反体制派組織からも慕われていました。後任の Abu Jabbarにはそれほどの求心力はありません。イスラム戦線を構成する組織のまとめ役が不在している今、内部分裂の危機にさらされる可能性は否定できません。アサド政権だけでなく、イスラム国にとっても今回の一件は今後の展開に有利に働くでしょう。

続きを読む

イラクとシャームのイスラーム国

http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2014/Jan-06/243232-islamic-front-issues-strong-warning-to-isis.ashx#axzz2pbhXUviS

アレッポではISISのメンバーが医師を殺害したことから、衝突に発展しました。Islamic Front(IF)は医師を殺害した実行犯を引き渡し、裁判にかけるようにISISに求めたところ、どうやらISIS側が拒絶して、殺し合いが始まりました。さらにイドリブ県、ラッカ県、ハマー県にも戦火が広がりました。 イドリブ県ではトルコの国境付近の町ダナとアトメからISISが撤退し、代わりにヌスラ戦線とAhrar al-ShamがIFと共に現地を支配下に置いています。活動家によれば、撤退する際に戦闘はなく、彼らは重火器を全て運び出し、アレッポに進軍しているそうです。一部ISISのシリア国籍の戦闘員がヌスラ戦線に鞍替えしたとも報じられています。 続きを読む

シリア北部での戦い-大連立-

昨日の朝、BBCを見てたら、国連安保理の会議の模様がずっとライブ中継されてました。化学兵器の廃棄に関する決議案が全会一致で採択されました。濡れ手で粟。順調に行われればの話ですが、欧米、イスラエル、彼らの同盟国は以前から化学兵器がアルカイダ系の武装勢力の手に落ちることを懸念していましたが、今回の決議案により払拭される可能性が出てきました。シリアの人々の命と引き換えに。何か違うって思います。優先順位が違うのだろうと。

前回のブログでラッカの戦況を書き記しましたが、どうやら北部全域がアルカイダ系と言われる外国人勢力と手を組まざるを得ない状況に立たされているようです。 続きを読む