アレッポ北部の攻防戦-追加-

ロシアの空爆による民間人の死者が多数報告されています。月曜日にはイドリブやアザズで少なくとも3つの病院と学校が空爆されました。ロシアは関与を否定していますが、この地域で空爆を行える、行うのはアサド政権かロシアに限定されます。今回はここ3週間ほどのシリア北部での勢力図の変化について紹介できればと思います。

http://www.vox.com/2016/2/16/11020140/russia-syria-bombing-maps

とても分かりやすい記事です。3つの地図を引用して、最近のロシアの空爆と各勢力の動きを分析しています。一つ目がISWの地図を基にして、ロシアがどの地域を激しく空爆しているかを説明しています。アレッポ北部、東部、イドリブ県、シリア南部のダラー県などに集中しています。停戦に向けてロシア、アメリカが協議をしている最中にも容赦なく爆弾は降り注いでいます。 続きを読む

Enough is enough

マイケル・イグナティエフとLeon Wieseltierによるオピニオンです。

https://www.washingtonpost.com/opinions/the-era-of-us-abdication-on-syria-must-end/2016/02/09/55226716-ce96-11e5-88cd-753e80cd29ad_story.html

アレッポでのロシアの空爆は多くの民間人を死傷し、数万人の人々を追い立てた。この巨大な街が包囲されれば、物資の供給も滞り、多数の住民が飢餓の恐怖にさらされるだろう。欧米のシリア政策が道徳的破綻をきたすのも時間の問題である。

実際に、道徳的破綻は長く続いている。シリアの大統領は退陣すべきだという5年に渡る空虚なスローガン、気乗りしない反体制派への武器支援、化学兵器の使用で超えたはずのレッドラインの有名無実化、西側諸国の互いの押し付け合いから生じた緊張の下での難民の不十分な対応。その結果、25万人の死者と700万人の国内避難民、500万人近くの難民を生み出した。難民のうち200万人は子供である。 続きを読む

アレッポ北部の攻防戦

和平協議による事態の打開は虚しくも崩れ落ちました。日程がずれ込み、誰も期待していない最中で開催されましたが、数日後には一時中断を宣告されました。今月末に再開されるようですが、シリアでは戦火は衰える兆しは一向に見られません。

http://www.theguardian.com/world/2016/feb/05/syrian-refugee-numbers-continue-to-build-on-turkish-border

数万人のシリア人が難民となってトルコとの国境に押し寄せています。しかし、トルコ側は国境を封鎖したまま、難民は行き場を失っています。和平協議が行われている最中に、アレッポではアサド政権とその協力者、ヒズボラ、イラク、イランのシーア派民兵が地上から、空からはロシアが尋常ではない空爆を行い、反体制派の支配地域の奪還に乗り出しました。特にロシアの空爆は数分置きに無差別に爆弾が投下され、町や村を薙ぎ払いました。多数の死傷者が出ました。 続きを読む

ニュース拾い読み

シリアに関するニュースが一通り分かります。ロイターです。

http://www.reuters.com/places/syria

とても便利です。その中から一部を紹介できればと思います。

http://www.reuters.com/article/us-mideast-crisis-syria-turkmens-idUSKCN0VA2G0

先週からラタキア県からトルコへと逃げ込む難民が急増しています。ラタキアはトルクメン人が多く暮らしていますが、アラブ人も含めて3500人以上が土地を追われました。理由はロシアの空爆です。周知の事実ですが、ロシアはイスラム国よりも反体制派を主な標的にしています。特にラタキアはアサド政権の牙城でもあり、この辺りの制圧にはロシアは固執しています。 続きを読む

ロシア空爆による犠牲者数

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/30/russian-airstrikes-kill-2300-syria-human-rights-group

9月末から開始されたロシアの空爆は、この3カ月間で死者2371人、そのうち792人が一般市民であり、180人が子供であるとシリア人権監視団が報告しました。イスラム国の戦闘員が655人、その他の反体制派組織が924人になります。ロシアの空爆が人権団体や国際社会から批難を受けていますが、この数字を見れば、当たり前でしょう。一般市民の犠牲者数がイスラム国の戦闘員より多いとは意図的に一般市民を標的にしているとしか思えません。

アムネスティはロシアの空爆は戦争犯罪にも該当すると報告しています。アメリカのマーク・トナー副報道官は「ロシアの空爆は多くの民間人を殺害している。医療施設や学校やマーケットも空爆にさらされている」と強く批難しています。

僕もロシアが何を考えているのか理解できません。正気を失っているとしか思えない。救援物資の輸送車を油の密輸車両と言い張り、空爆したり、医療施設や食糧庫、インフラ設備も木っ端みじんです。クラスター爆弾をばらまいたり、空爆した箇所で救援活動を行う人々の上にさらに爆弾を落としたり。やっていることはアサド政権と同じですが、ロシアはシリア内戦をさらに悪化させています。

イスラム軍司令官、ザハラーン・アッルーシュの死

昨日、ザハラーン・アッルーシュ(Zahran Alloush, زهران علوش)がロシア軍の空爆により殉教しました。彼は1971年生まれ、ダマスカス郊外のドゥーマ出身です。彼の息子の一人はサラフィー主義の説教師でサウジアラビアで暮らしています。彼自身もサウジアラビアのイスラム大学でシャリーアの修士号を取得している切れ者です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Zahran_Alloush

どのメディアでも彼の死は大々的に報じられています。

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/25/zahran-alloush-leader-syria-rebel-group-killed-airstrike

東グータ地域での会議中にロシア軍の空爆を受けました。アッルーシュの他に5名の指揮官が殺害されました。彼は経歴からも分かるように厳格なイスラム教徒です。アラウィー派やシーア派の排除を促す言動も見られました。しかし、イスラム国とも敵対しており、宗派間の抗争を煽るような言動は最近では見られず、西側諸国から受け入れられやすい人物だと思われていました。 続きを読む

ロシア空爆の効果

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/21/russias-airstrikes-on-syria-struggle-to-spur-progress-on-the-ground

シリアでのロシアの空爆は地上ではさほど効果がないように思える。

アサド政権を支援するために軍事介入に乗り出したロシアですが、三カ月近く経つロシアの空爆はアサド政権とシーア派民兵に少しばかりの勝利をもたらしたに過ぎません。一方でロシアの空爆で600人以上の一般市民が命を落としています。日曜日には70人が亡くなりました。

過去2週間でダマスカスとハマの反体制派支配地域ではインフラ設備や公共施設が標的にされました。「希望が見え始めたとケリーが主張する理性的なロシアはどこにいるんだ?アサドでさえロシアのようなやり口で空爆をしなかったし、ISISだってこのような手法で我々を攻撃しなかった」。そう語るのはイドリブの病院で働く医師です。

ロシアの空爆が成果を上げない中、アサド政権は地上軍を増強するため徴兵を行っています。ダマスカスでは人員を補給するため、2カ月前から予備役の募集をかけています。既に兵役を終えた若者たちをターゲットにして再び予備役として徴兵するのに必死です。 続きを読む

シリア和平プロセス

和平への道筋を示したシリアのロードマップが国連安保理で全会一致で採択されました。民衆蜂起が大規模に始まった2011年3月以来、国際社会が足並みを揃えて、和平プロセスに賛同の意を示したのは初めてになります。

ケリー国務長官はこう述べています。「今回の安保理は全ての関心すべき事柄に対してはっきりとしたメッセージを送った。関心すべき事柄とは暴力の停止と長年に渡り被害を受けてきたシリアの国民が支持できる政府の基礎を形作ることである」。

ロシアとアメリカのシリアへの見解には食い違いが見られます。欧米諸国はアサド大統領の退陣を求めています。ロシアはアサド政権を支持しています。そのため今回の決議案ではこの両者の対立を避けることで一致をみました。つまりアサド大統領の今後については触れないということです。 続きを読む

Can anyone stop the killing in Syria?

シリアに足を運んで感じたのが、こんな世界が許されるんだという感情です。同時に、こんな世界にもこんな世界に合わせた秩序が生まれるんだという発見です。ただ、一般市民が無差別に殺戮されれば、その加害者を裁くのが常識です。そして事態が収束するように働きかけるのも常識です。ただ誰がそれを行うのか。

http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/2015/09/stop-killing-syria-150917082817952.html

アサド大統領にその資格はあるのか。彼は自らの地位を犠牲にしてシリアを守るより、シリアを犠牲にして自らの地位を守る道を選びました。しかし、アサド政権だけでは民衆革命を収束できず、内戦に突入し、イランやヒズボラの手を借りました。それでも事態は収まらず、さらにロシアの介入を招いているのが現状です。そもそも、何十万人というシリア人を殺害している彼にシリアを正常化するための資格はないでしょう。 続きを読む

暗躍する大国ーロシアー

シリアに向かえないという現実をそろそろ受け止めようかなあと思っています。これまで何とか最低限の安全を確保しながら、こっそりと、でも大胆にシリアに潜入していましたが、もう限界だと感じつつあります。そう考えると、胃が痛くなります。待つしかないのか。それとも他の取材先を検討するか。

http://www.middleeasteye.net/news/russias-backing-assad-demonstrates-new-assertive-role-middle-east-875166972

ロシアウォッチャーの方は大勢いるし、彼らの専門知識は半端ないんで、僕はただ記事をここで簡単にしか紹介することしかできません。

ケリー国務長官は24日、記者たちにこう述べています。「もしロシアの動向がアサド政権の強化とアサドに和平交渉を思いとどまらせる意図があったのならば、それは長期に渡る内戦の終結を望む全ての人々にとっての弊害だ」。 続きを読む