シリアの行方-トランプ勝利で何かが変わるのか-

シリア情勢は毎日のように見ていますが、アメリカの大統領選の結果によって何かシリアに変化がもたらされるのか、それについては無関心でした。ヒラリーだろうとトランプだろうと、アメリカのトップが変わっても、シリアには直接の影響はないだろうと感じていました。でもトランプ勝利とシリアを関連付けた記事を多く見かけます。それらを紹介できればと思います。

https://www.theguardian.com/world/2016/nov/11/syrian-opposition-left-with-nowhere-to-turn-after-trumps-victory

シリアの反体制派の政治家、軍の司令官はヒラリーへの期待を膨らませていました。彼女は反体制派への支援が国益につながると主張していました。一方、トランプはアサド政権への支持を打ち出し、ロシアへの賞賛を表明していました。トランプは反体制派を無差別に爆撃するロシアを支持し、そこに残る人々への降伏を望んでいます。

アメリカの指導者が変われば、イスラム国に対する攻撃姿勢にも変化が現れると反体制派の政治家は予測しています。しかし、イスラム国に関してはこれまでのスタンスを維持する傾向に思われますが、オバマ政権が70近い反体制派の部隊に訓練と限られた武器を提供してきた政策には影響が及ぶだろうと推測されます。なぜなら、トランプがその政策に対して懐疑的だからです。

続きを読む

アレッポで暮らす子供たち

アレッポの街中をうろうろしていると必ず子供たちに囲まれます。銃声が鳴り響き、迫撃砲の重い音が木霊しても、上空をヘリが旋回して、瓦礫の山が築かれても、子供たちは笑顔で走り寄ってきます。僕自身はあまり子供をテーマにして取材はしていません。「戦火の中で生きる子供たち」みたいなベタな内容の記事を書きたくないという理由もあります。それでも、ふとシリアでの生活を振り返ると、子供たちの姿が真っ先に浮かびます。

http://www.nytimes.com/2016/09/28/world/middleeast/syria-aleppo-children.html

そんな子供たちのお話しがNYTimesに掲載されていました。笑顔とは対照的な悲惨な光景が現在のアレッポで暮らす子供たちの姿です。

続きを読む

人として

シリアを取材して初めて心の底から伝えなきゃと思いました。以前までは伝えることは「取材に協力してくれた方々への礼儀」、「ジャーナリストとしての義務」という側面が強くありました。でも、初めてシリアを訪れ、そこで目にした光景は、ジャーナリストという職業とは関係なく、一人の人間として、伝えないといけないという思いが自然と湧き上がってきました。

これほどひどいことが行われているのに、どうして誰も助けてくれないのだろうか。一時的ではあれ、現場に身を置くと、そう感じます。この惨状を世界に伝えれば、状況は改善されるかもしれない。多くのジャーナリスト、市民記者、活動家がシリアの窮状を世界に訴えかけました。しかし、戦況は悪化し、死者は増え続けています。それでも報道は止みません。シリアの様子は毎日のように流れてきます。

報じたところで今すぐ戦火が止むわけではない。救いの手が差し伸べられるわけではない。でも伝えなきゃいけない。そう思わせているのは、ジャーナリストだからとかではなく、やはり人間だからだと僕は思います。戦争は殺し合いです。そこに人道だとか人権だとか甘い言葉は通用しません。でもただ殺されている人々を黙って見ていられないのが人だと思います。だから世界はシリアを報道し続けるし、僕もお金にはならないけれど、時間が許す限りブログを更新しています。

続きを読む

シリアのおさらい

シリア情勢は複雑だと一般には言われています。確かにその通りなのですが、民衆蜂起から現在に至るまで、時系列で物事を眺めていくと、それほど道に迷うことなく、すんなりと理解できます。ただ、2011年3月から現在までのシリアでのニュースを拾い集めるとなると、膨大な労力と時間が費やされます。仮に今、2016年9月、「シリアを勉強しよう!」と思った方がいるとしたら、それは大変な作業になります。2012年3月からシリア情勢を眺め続けている僕でも、何とか追いつけている状態です。息切れしてます。こんな記事を見かけたので、補足を交えて紹介したいと思います。

http://www.nytimes.com/2016/09/19/world/middleeast/syria-civil-war-bashar-al-assad-refugees-islamic-state.html

1 シリアで行われている戦争とは何か

今行われている戦争は4つの層で構成されています。まず最も核となるのがアサド政権と反体制派です。さらに両者はシリア人と外国人で組織されています。両者の基本的な意見の相違はアサド大統領を政権から追い出すか、残留させるかです。

続きを読む

停戦の行方

http://www.aljazeera.com/news/2016/09/syria-scores-killed-air-strikes-truce-deal-160910135209691.html

昨日、イドリブ市でロシアによる空爆がありました。標的にされたのは住宅街と市場です。イード(犠牲祭)を目前にして、市場には多くの買い物客がいました。死者は55人に上りました。さらにアレッポでは9人の子供を含めた46人が政府軍の空爆で犠牲になりました。これらの攻撃はアメリカとロシアがシリア内戦の終結に向けた協議に進展があったことを告げた、数時間後の出来事です。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/syria-peace-russia-us-assad-isis-al-nusra-a7236361.html

アメリカとロシアとの協議、その結果で導き出されたシリア内戦終結への道。仮に実行に移されるとしたら、大きな進展です。ロシアはアサド政権に反体制派地域への空爆を止めるように圧力をかける。なぜならアサド政権の空爆の最大の犠牲者は戦闘員ではなく一般市民だからです。ケリー国務長官は述べます。

続きを読む

パルミラ攻防戦-アサド政権とイスラム国

2012年3月にダマスカスに降り立ち、5月初旬だったかな、取材が無事に終わり、一カ所くらい観光地を見てみようと思い、向かった先がパルミラでした。3カ所か4カ所あるパルミラへと繋がる道路は全て政府軍の検問が設けられており、戦車が待機していました。遺跡には誰もいなくて、列柱通りをウロウロと散策して、タクシーで丘の上にある城塞に足を運びました。とても綺麗な街でした。シリアに足を運ぶたびに思うのが、民衆蜂起がなければ、内戦に陥らなければ、多くの観光客で賑わっていたのだろうなあという悲しい気持ちです。

そんなパルミラがイスラム国の手に落ちたのが、昨年の5月です。アサド政権が断続的に攻撃を仕掛けていましたが、なかなか奪還できず、手をこまねいていました。そこに、ロシアが登場しました。政府軍、ロシア、イラン、民兵がパルミラ奪還作戦に乗り出したのが、先月の27日になります。当初は散発的な戦闘に終始しましたが、今月中旬から本格的な戦闘に発展しました。特に22日から24日の戦闘では、ロシア軍は146カ所の標的に対して戦闘機の出撃回数が41機です。その数日後、つまり昨日の27日、パルミラはアサド政権の支配地域に変わりました。

続きを読む

自信を深めるアサド政権と今後の行方

一匹のサソリが川岸を歩いていました。サソリは対岸に渡るため、一匹のカエルに声を掛けました。「俺を背負って、向こう岸に連れて行ってくれないか」。カエルは言いました。「嘘言うな。そんなこと言って、川の中ほどに来たら、刺すつもりだろう」。サソリは言いました。「そんなことあるわけないじゃないか。お前さんを刺したら、俺も溺れちまう」。カエルはその話を聞いて、それもそうだなとサソリの頼みを聞いてあげました。しかし、川の中ほどでカエルは激痛を感じました。「どうして、俺を刺したんだ。君も溺れるのに」。サソリは寂しそうに答えました。「本能だから仕方がなかったんだ」。

http://www.nytimes.com/2016/03/23/world/middleeast/bashar-al-assad-syria-russia-west.html?ref=middleeast&_r=0

記事の中で紹介されていた諺です。どうやらベトナムの寓話らしいです。シリアで言えば、サソリはアサド政権、カエルはロシアに例えられています。そして今、サソリを乗せたカエルは泳いでいる最中です。カエルは常にサソリに命を狙われているが、サソリはカエルを刺せば、溺れて死んでしまう。 続きを読む

ロシアがシリアで成し遂げたこと

http://www.nytimes.com/interactive/2016/03/18/world/middleeast/what-russia-accomplished-in-syria.html?ref=middleeast&_r=0

NYTIMESが地図を用いて、ロシアの軍事介入以降のシリア情勢を分かりやすくまとめています。勢力範囲がどのように変化したのか。空爆はどの地域が激しくやられたのか。文章は多くないので、僕があれこれ説明する必要もないかなと思いますが、簡単に紹介します。

最初の地図は黄色が反体制派、赤がイスラム国と色分けされ、〇の大小によって、空爆の激しさを示しています。ロシアはイスラム国への空爆を積極的に行っていないという指摘が幾人かの識者の方から聞こえましたが、それなりにやっています。ただ、それ以上に反体制派への空爆が容赦ないので、そちらが目立っているのでしょう。

二枚目が今述べたことを踏まえた地図です。青がアサド政権、赤がイスラム国になります。三枚目が青がアサド政権と彼らを支持する民兵等々、黄色が反体制派です。やはり目立つのがアレッポとイドリブです。特にアレッポはイスラム国と反体制派から戦略的に重要な供給ラインなどを奪取しています。ラタキアも反体制派の支配地域を縮小させ、アサド政権の牙城が強化されました。

最後の地図が衝撃的でした。緑がクルド人勢力になりますが、めっちゃ元気です。ロシアの空爆から僅か半年で、これほど勢力範囲を広げたのには驚きです。にもかかわらず、和平協議では招待されることなく、蚊帳の外に置かれています。それに反感を抱いたのか、PYD(民主統一党)が3地区(アフリン、コバニ、ジャジーラ)の連邦制を宣言しました。

http://www.theguardian.com/world/2016/mar/20/syria-opposition-geneva-peace-talks-mohammed-alloush

こちらは反体制派の交渉役の一人で「イスラム軍」の政治部門担当のモハンマド・アルーシュのインタビューです。アサド政権と国際社会への不満を語っています。和平協議、さらなる進展は望めそうにもありません。ただ、今日、イドリブで暮らしているシリア人とチャットしてたんですが、ここ最近、静かだそうです。停戦はある程度の効力は発揮しているみたいです。

5年目を迎えた民衆蜂起-It’s a war on normalcy-

シリアの報道が過熱する中で、全ての記事に目を通すことは僕にはできません。なので、もしかしたら、僕が見落としていただけかも知れませんが、ここ1年ほど海外メディアからの現場報道がなかったのですが、遂にCNNがやってのけました。もちろん、アサド政権側からの取材はありましたが、そうではなく、反体制派エリアからのルポでは久しぶりです。

http://edition.cnn.com/2016/03/14/middleeast/syria-aleppo-behind-rebel-lines/index.html

Clarissa Ward記者。女性です。ニカブで顔を覆い隠して、拘束や誘拐の危険性を除去しています。場所はイドリブとアレッポ。イドリブはここ最近、自由シリア軍とヌスラ戦線が揉めています。アレッポはブログでも紹介したように、現在アサド政権が支配地域を広げ、唯一使える反体制派のルートは一つだけ。空爆で負傷する市民、憤慨する市民、戦闘員や医師、彼らはシリアの惨状を世界に伝えようと必死です。少し長文ですが、シリアを外からではなく、内から理解する非常に参考になる記事です。 続きを読む

アメリカの行き詰まり-クルド人勢力とスンニ派勢力-

シリアで勢力範囲を飛躍的に拡大している組織があります。それがクルド人部隊、YPGとYPJです。YPGとはクルド語で「Yekîneyên Parastina Gel‎」、YPJとはクルド語で「Yekîneyên Parastina Jin‎」、その頭文字を取っています。日本語であれば、人民防衛隊と訳されます。YPGが男性戦闘員、YPJが女性戦闘員となります。

去年の4月、私はシリアの小さな町、コバニを訪れました。コバニはクルド人の支配地域です。イスラム教には寛容というより、宗教の匂いは一切なく、彼らを結び付けている民族の力強い連帯感を肌身を通して感じました。ただアラブ人と同じで外からの人間に対してはとても優しく、歓待されました。そのクルド人がシリア内戦で非常に重要な立ち位置にいます。 続きを読む