パルミラ攻防戦-アサド政権とイスラム国

2012年3月にダマスカスに降り立ち、5月初旬だったかな、取材が無事に終わり、一カ所くらい観光地を見てみようと思い、向かった先がパルミラでした。3カ所か4カ所あるパルミラへと繋がる道路は全て政府軍の検問が設けられており、戦車が待機していました。遺跡には誰もいなくて、列柱通りをウロウロと散策して、タクシーで丘の上にある城塞に足を運びました。とても綺麗な街でした。シリアに足を運ぶたびに思うのが、民衆蜂起がなければ、内戦に陥らなければ、多くの観光客で賑わっていたのだろうなあという悲しい気持ちです。

そんなパルミラがイスラム国の手に落ちたのが、昨年の5月です。アサド政権が断続的に攻撃を仕掛けていましたが、なかなか奪還できず、手をこまねいていました。そこに、ロシアが登場しました。政府軍、ロシア、イラン、民兵がパルミラ奪還作戦に乗り出したのが、先月の27日になります。当初は散発的な戦闘に終始しましたが、今月中旬から本格的な戦闘に発展しました。特に22日から24日の戦闘では、ロシア軍は146カ所の標的に対して戦闘機の出撃回数が41機です。その数日後、つまり昨日の27日、パルミラはアサド政権の支配地域に変わりました。

続きを読む

自信を深めるアサド政権と今後の行方

一匹のサソリが川岸を歩いていました。サソリは対岸に渡るため、一匹のカエルに声を掛けました。「俺を背負って、向こう岸に連れて行ってくれないか」。カエルは言いました。「嘘言うな。そんなこと言って、川の中ほどに来たら、刺すつもりだろう」。サソリは言いました。「そんなことあるわけないじゃないか。お前さんを刺したら、俺も溺れちまう」。カエルはその話を聞いて、それもそうだなとサソリの頼みを聞いてあげました。しかし、川の中ほどでカエルは激痛を感じました。「どうして、俺を刺したんだ。君も溺れるのに」。サソリは寂しそうに答えました。「本能だから仕方がなかったんだ」。

http://www.nytimes.com/2016/03/23/world/middleeast/bashar-al-assad-syria-russia-west.html?ref=middleeast&_r=0

記事の中で紹介されていた諺です。どうやらベトナムの寓話らしいです。シリアで言えば、サソリはアサド政権、カエルはロシアに例えられています。そして今、サソリを乗せたカエルは泳いでいる最中です。カエルは常にサソリに命を狙われているが、サソリはカエルを刺せば、溺れて死んでしまう。 続きを読む

5年目を迎えた民衆蜂起-It’s a war on normalcy-

シリアの報道が過熱する中で、全ての記事に目を通すことは僕にはできません。なので、もしかしたら、僕が見落としていただけかも知れませんが、ここ1年ほど海外メディアからの現場報道がなかったのですが、遂にCNNがやってのけました。もちろん、アサド政権側からの取材はありましたが、そうではなく、反体制派エリアからのルポでは久しぶりです。

http://edition.cnn.com/2016/03/14/middleeast/syria-aleppo-behind-rebel-lines/index.html

Clarissa Ward記者。女性です。ニカブで顔を覆い隠して、拘束や誘拐の危険性を除去しています。場所はイドリブとアレッポ。イドリブはここ最近、自由シリア軍とヌスラ戦線が揉めています。アレッポはブログでも紹介したように、現在アサド政権が支配地域を広げ、唯一使える反体制派のルートは一つだけ。空爆で負傷する市民、憤慨する市民、戦闘員や医師、彼らはシリアの惨状を世界に伝えようと必死です。少し長文ですが、シリアを外からではなく、内から理解する非常に参考になる記事です。 続きを読む

アレッポ北部の攻防戦-追加-

ロシアの空爆による民間人の死者が多数報告されています。月曜日にはイドリブやアザズで少なくとも3つの病院と学校が空爆されました。ロシアは関与を否定していますが、この地域で空爆を行える、行うのはアサド政権かロシアに限定されます。今回はここ3週間ほどのシリア北部での勢力図の変化について紹介できればと思います。

http://www.vox.com/2016/2/16/11020140/russia-syria-bombing-maps

とても分かりやすい記事です。3つの地図を引用して、最近のロシアの空爆と各勢力の動きを分析しています。一つ目がISWの地図を基にして、ロシアがどの地域を激しく空爆しているかを説明しています。アレッポ北部、東部、イドリブ県、シリア南部のダラー県などに集中しています。停戦に向けてロシア、アメリカが協議をしている最中にも容赦なく爆弾は降り注いでいます。 続きを読む

アレッポ北部の攻防戦

和平協議による事態の打開は虚しくも崩れ落ちました。日程がずれ込み、誰も期待していない最中で開催されましたが、数日後には一時中断を宣告されました。今月末に再開されるようですが、シリアでは戦火は衰える兆しは一向に見られません。

http://www.theguardian.com/world/2016/feb/05/syrian-refugee-numbers-continue-to-build-on-turkish-border

数万人のシリア人が難民となってトルコとの国境に押し寄せています。しかし、トルコ側は国境を封鎖したまま、難民は行き場を失っています。和平協議が行われている最中に、アレッポではアサド政権とその協力者、ヒズボラ、イラク、イランのシーア派民兵が地上から、空からはロシアが尋常ではない空爆を行い、反体制派の支配地域の奪還に乗り出しました。特にロシアの空爆は数分置きに無差別に爆弾が投下され、町や村を薙ぎ払いました。多数の死傷者が出ました。 続きを読む

戦闘とは異なった形で殺されていく人々

https://www.hrw.org/news/2015/12/16/syria-stories-behind-photos-killed-detainees

国際的な人権NGO「Human Rights Watch」からの報告書です。シリアから極秘裏に持ち出された28000枚以上の遺体の写真を9カ月に渡り調査した結果を報告しています。彼らはアサド政権によって拘束され、拷問の末に亡くなった人々です。遺族やその友人、拘束、監禁された経験者、軍の病院、尋問、拷問施設で働いていた看守、離反兵などから聞き取りを行い、幾人かの身元が判明し、死因もいくつか明らかになりました。詳細な報告書は86ページあるらしいですが、さすがにそこまで目を通せませんので、時間がある方は上記のアドレスからダウンロードしてください。 続きを読む

暗躍する大国ーロシアー

シリアに向かえないという現実をそろそろ受け止めようかなあと思っています。これまで何とか最低限の安全を確保しながら、こっそりと、でも大胆にシリアに潜入していましたが、もう限界だと感じつつあります。そう考えると、胃が痛くなります。待つしかないのか。それとも他の取材先を検討するか。

http://www.middleeasteye.net/news/russias-backing-assad-demonstrates-new-assertive-role-middle-east-875166972

ロシアウォッチャーの方は大勢いるし、彼らの専門知識は半端ないんで、僕はただ記事をここで簡単にしか紹介することしかできません。

ケリー国務長官は24日、記者たちにこう述べています。「もしロシアの動向がアサド政権の強化とアサドに和平交渉を思いとどまらせる意図があったのならば、それは長期に渡る内戦の終結を望む全ての人々にとっての弊害だ」。 続きを読む

暗躍する大国ーイランー

シリアでの民衆革命から4年半が経過しても、事態は悪化するばかりで、沈静化する兆しが見られません。特に現在もアサド政権は健在です。そのアサドを影で支えているのが、暗躍する大国たちです。今はロシアがラタキア、タルトゥース辺りに滑走路を建設したり、戦闘機を配備して、話題になっています。イランについて書かれた記事を見かけましたので、紹介できたらと思います。ガーディアンです。

http://www.theguardian.com/world/2015/sep/21/irans-shadowy-influence-in-syrias-maelstrom-fuels-paranoia-and-wariness

ダマスカスのイラン大使館の一室でMohammed Reza Shaybani大使は「外国はシリアに関与してはいけない」とガーディアンの記者に言った。「我々はシリアの主権と領土保全を尊重しなければいけない」。イランの立場を大使はこう説明する。「イランはシリアに内政干渉をしているのではない。アサド政権との関係は歴史的、戦略的なものである。我々の役割はテロリストと戦うアサド政権に助言を行う程度の限られた関係、ただそれだけだ」。 続きを読む

アサドの微笑み-追加-

BBCがアサドとの単独インタビューに成功しました。生のバッシャール・アル・アサドです。必見です。出来れば、テキスト化してほしい。リスニングだけだと聞き取れない箇所が多々あるから。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-31327153

インタビュアーはJeremy Bowen。冒頭からアサドに鋭い突っ込みをしています。シリアは国家が破綻(failed state)しているのではないか。もちろんアサドは否定します。外部からの勢力に土地を奪われているんだ。そして我々は国土を防衛するために戦っているんだ。さらに革命当初に話を移し、平和的なデモへの対処にシリア政府の過ちはなかったか。アサドは完全に否定はしませんが、デモ参加者にも問題があった(兵士や警察官を殺害していた)と述べています。 続きを読む

写真と共に綴られる激戦地-ドゥーマ-追加-

2月7日、シリア人権監視団が発表したシリアでの死者数は210060人。210000人を超えました。民衆蜂起から内戦に突入して4年近くが経過しようとしています。

http://www.investing.com/news/world-news/syria-death-toll-now-exceeds-210,000:-rights-group-327039

反体制派勢力が35827人、アサド政府軍が45385人、外国人武装勢力(ダーイッシュ、ヌスラ戦線など)が24989人、ヒズボラ640人を含めたシーア派武装勢力が3000人、子供が10664人、女性が6783人、計126648人。その他、85000人以上の死者を計上すると、211648人。シーア派と身元不明人がざっくりとしているので、より正確な数字として少なくとも210060人とシリア人権監視団は見積もっているのでしょう。 続きを読む