白いヘルメットの救助隊ー追加ー

命がけの救出作業に尽力する白いヘルメットの方々について追記です。

http://europe.newsweek.com/white-helmets-syrian-civil-war-418001

トルコとの国境沿いに集まった訓練生の職種は様々である。学生、教師、八百屋、農夫。彼らはこれから緊急救助隊、Syrian Civil Defenseの隊員になるため訓練を受けます。通称、白いヘルメットと呼ばれる市民防衛隊は中立的で非武装を掲げています。

訓練所には焼け焦げたバスや壊れた建物が見られ、それらは実際の現場を再現したシミュレーションとして利用されます。正確な場所は非公開とされ、隊員、訓練生の名前を聞いても、大半がファーストネームだけ答えます。なぜなら、この地域にはイスラム国のスパイが潜り込んでいるからです。 続きを読む

白いヘルメットの救助隊

シリアの動画を度々見ている方なら、既にご存知かと思いますが、空爆や戦闘の現場に駆けつけて、多くの犠牲者を救助している中に、白いヘルメットを被った人たちを見かけます。彼らは救助を専門にしている隊員です。そのトレードマークが白いヘルメットであり、本来であれば、彼らは戦闘員とは区別され、攻撃の対象にされませんが、女性子供も容赦なく殺害するアサド政権にはお構いなしです。そんな彼らの声をお伝えします。

https://herofund.whitehelmets.org/donate/crowdfund/

私の名前はRaed Al Salehです。「White Helmets」として知られるシリア民間防衛隊の指揮を執っています。我々はこれまで瓦礫の中から22693人の人々の命を救いました。しかし、隊員が負傷しても、治療するお金もなく、隊員が命を落としても、彼らの家族に与えられるものは何もありません。 続きを読む

樽爆弾の脅威

アレッポに行くと、崩れ落ちた建物を至る所で目にします。樽爆弾の仕業です。アラビア語で「برميل متفجر」。その威力は甚大です。どれほど離れていたのか定かではありませんが、アレッポで投下された樽爆弾が地響きを上げて真っ青な空に向かって噴煙を巻き上げているのを目撃しました。それ以降、上空を旋回するヘリコプターの機影を見かける度に僕は不安な気持ちで眺めていたのですが、周りのムジャヒディーンは「ハロー!ハロー!」とヘリに向かって手を振っていました。マジで笑えなかった。

http://www.hrw.org/news/2015/02/24/syria-new-spate-barrel-bomb-attacks

今週の火曜日、24日にHuman Rights Watch(HRW)が樽爆弾についての詳細なレポートを公開しました。興味ある方はぜひ。少し文章が長いので、HRWの報告書に関する記事、アル・アラビヤを参考にしたいと思います。 続きを読む

ドゥーマでの虐殺

ドゥーマはダマスカスの中心地から車で30分ほどの距離にある大きな町です。2012年4月、僕は1ヶ月、この町で暮らしました。当時はダマスカスで唯一の反体制派、自由シリア軍が支配する町でした。毎夜、町の中心地であるジャーミア・カビール(大モスク)の広場で反政府デモが公然と行われていました。同時に政府軍、治安部隊、シャッビーハによる激しい攻撃を受け、部屋から一歩も出れない日もありました。

https://www.youtube.com/watch?v=ToagdK4e_fE

+18です。投稿した日付が2014年8月となっているので、少し古くなりますが、現在もこれと変わらない状況が続いています。アサドが「樽爆弾」を「cooking-pot」などと笑い飛ばしましたが、ミサイルや樽爆弾をドゥーマに投下させている本人の言葉とは思えません。タイトル冒頭に「مجزرة」とあります。辞書で調べると、「جزر」とあり、意味は「人参」。しかし、綴りが同じで別の意味もあります。動詞で「虐殺する」です。それに「م」が付いて、「مجزرة」は「虐殺すること」となります。 続きを読む

写真と共に綴られる激戦地-ドゥーマ-追加-

2月7日、シリア人権監視団が発表したシリアでの死者数は210060人。210000人を超えました。民衆蜂起から内戦に突入して4年近くが経過しようとしています。

http://www.investing.com/news/world-news/syria-death-toll-now-exceeds-210,000:-rights-group-327039

反体制派勢力が35827人、アサド政府軍が45385人、外国人武装勢力(ダーイッシュ、ヌスラ戦線など)が24989人、ヒズボラ640人を含めたシーア派武装勢力が3000人、子供が10664人、女性が6783人、計126648人。その他、85000人以上の死者を計上すると、211648人。シーア派と身元不明人がざっくりとしているので、より正確な数字として少なくとも210060人とシリア人権監視団は見積もっているのでしょう。 続きを読む

アサドの微笑み

たぶん僕より今では周りの一般人の方々の方が「イスラム国」について詳しいと思います。僕は彼らに興味がありません。なぜなら絶対に彼らの取材ができないと分かっているからです。横田徹さんや常岡浩介さんの「イスラム国」滞在記には度胆を抜かれました。僕が初めて「イスラム国」の名を知ったのはある事件についての報道です。その際に書き記したブログがこちらです。http://t-sakuragi.com/?p=794

ヨルダンが報復攻撃に出ました。https://www.youtube.com/watch?v=zYQEU9y1z4I こちらの動画には「سلاح الجو الملكي الاردني – عملية الشهيد معاذ 」、「ヨルダン国王の空軍-殉教者モアズ作戦」とタイトルがされています。

イスラム国が世間の注目を浴びる中、アサド政権は無慈悲にも国民の上に爆弾を降らせています。https://www.youtube.com/watch?v=2-_sCBfL1f8 昨日、アレッポに落とされた樽爆弾の様子を撮影したものです。日常茶飯事の光景です。インディペンデントからの報告です。 続きを読む