アレッポとマンビジ

ここ最近のシリアでの大きな戦闘は二つあると思います。アレッポとマンビジです。2015年4月、コバニに訪れた際に、何人かの住民から「家族がマンビジでダーイシュに捕えられている」と聞きました。今回の作戦で彼らの家族は無事に解放されたのか気になります。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-36995759

マンビジはシリア北部の交通の要衝です。2年以上、イスラム国の強力な支配下に置かれていました。それが今回、クルド人(YPG、YPJ)主体のSDF(The Syria Democratic Forces )によってイスラム国から奪還されました。アメリカ率いる有志連合の空爆の援護を受けて、マンビジを包囲、イスラム国への投降を呼びかけたが拒絶、市街戦に突入し、先週の金曜から土曜、8割以上がSDFの支配下に置かれました。

http://www.kurdistan24.net/en/news/0b76a923-38d2-4292-b826-428235fbf911/Kurdish-led-forces-completely-liberate-Manbij–Syrian-Observatory

5月31日から開始されたマンビジ解放作戦は多くの死傷者を出しました。シリア人権監視団の報告によれば、432人の市民、そのうち104人が10歳以下の子供、54人の女性が亡くなりました。ただ、米軍主体の有志連合の空爆で、203人の市民、そのうち52人の子供と18人の女性が亡くなっています。半分程度が誤爆による死者になります。

続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらにさらに追加ー

“open-air prisons”。包囲された町は天井のない監獄と同等です。今週の火曜日、「Save the Children」が包囲網の中で苦しむ人々の様子を伝える報告書を出しました。いくつかのメディアでそのことに関しての記事が出ています。ここでは「independent」と「nytimes」から引用したいと思います。

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/syria-civil-war-quarter-of-a-million-children-in-syria-at-risk-of-starvation-a6919761.html

http://www.nytimes.com/2016/03/09/world/middleeast/report-paints-dire-picture-of-besieged-syria-as-war-enters-6th-year.html

18の異なった地域でアサド政権、または反体制派によって包囲され、486700人の人々が飢えの脅威にさらされています。別の支援団体からの報告では190万人になるかもしれないという統計も出ています。しかし、停戦が発効した2月27日以降、いくつかの町や村に支援物資が搬送されました。15万人に食料や医薬品、燃料が届けられましたが、一時的なもので、支援ルートが完全に開放されたわけではありません。数週間分の食料が運び込まれただけで、その先は不透明です。 続きを読む

ニュース拾い読み

シリアに関するニュースが一通り分かります。ロイターです。

http://www.reuters.com/places/syria

とても便利です。その中から一部を紹介できればと思います。

http://www.reuters.com/article/us-mideast-crisis-syria-turkmens-idUSKCN0VA2G0

先週からラタキア県からトルコへと逃げ込む難民が急増しています。ラタキアはトルクメン人が多く暮らしていますが、アラブ人も含めて3500人以上が土地を追われました。理由はロシアの空爆です。周知の事実ですが、ロシアはイスラム国よりも反体制派を主な標的にしています。特にラタキアはアサド政権の牙城でもあり、この辺りの制圧にはロシアは固執しています。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらなる追加ー

http://www.middleeasteye.net/news/people-still-dying-starvation-besieged-syrian-town-despite-aid-delivery-1283601589

マダーヤではこの5日間でさらに5人の餓死者が出ました。国境なき医師団が支援する医療班からの報告では、12月から少なくとも35人が飢えにより亡くなりました。国際社会がマダーヤの惨状を非難するに及び、ロシアの国連副常駐代表Vladimir Safronkovは我々はヌスラ戦線のような過激な連中が住民を人間の盾として利用していることを懸念していると述べました。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/syria/12100633/More-than-a-million-Syrians-under-siege-at-risk-of-starvation.html

包囲されている町はマダーヤだけではありません。数字の信憑性には疑問符が付きますが、シリア全土で100万人以上が飢えの恐怖にさらされています。”the use of food as a weapon of war is a war crime” 国連のパン・ギムン事務総長が明言しています。戦争犯罪。しかし、一向に兵糧攻めは止みません。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらに追加ー

マダーヤでの惨状がツイッターやフェイスブックを通して、世界に知れ渡り、状況が多少でも改善されたことは、大きな一歩だと僕は思います。すごく大きな一歩です。なぜなら、何年にも渡って、現在でも続いている惨状はマダーヤだけではありません。大半の地域が見捨てられている中でのマダーヤが救われたことは前進ではあります。果たして本当に救われたのかはまだまだ状況を見ない限り、分かりませんが。

http://www.nytimes.com/2016/01/15/world/middleeast/madaya-syria.html

Nisrineは包囲された町、マダーヤで教師をしていました。しかし、数週間前に教師を辞めざるを得ませんでした。なぜなら、学校に通えないほど子供たちが飢えに苦しみ、やせ衰えていたからです。病院では経口補水液を患者に与えるのがやっとで、雑草でスープを作り飢えを凌いでいました。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ー追加ー

国境なき医師団からの声明です。

http://www.msf.org/article/syria-siege-and-starvation-madaya-immediate-medical-evacuations-and-medical-resupply

レバノンとの国境近くのマダーヤは2015年7月以降、アサド政権、ヒズボラによって包囲され、10月18日の食料配給を最後に、物資の供給が遮断されました。約2万人の人々が餓死の危険性があり、12月1日以降、国境なき医師団が支援している病院で23人の患者が命を落としました。

今回、アサド政権はマダーヤへの包囲網を一時的に解き、物資の搬送が許されるそうです。その際、まずは医薬品の搬入と病人の安全な場所への移送を優先させるべきだと国境なき医師団は述べています。23人の死者の内訳は、1歳以下の乳幼児が6人、60歳以上の高齢者が5人、その他の12人が5歳から16歳までの子供です。18人が男性で、5人が女性です。医薬品は底を尽き、栄養失調の子供たちに与えられるのは、糖分を含んだ医薬品のシロップくらいです。 続きを読む

飢えに苦しむ人々

民衆蜂起から武装闘争へと発展する中で、アサド政権が各地域で頻繁に行われた作戦が兵糧攻めです。補給路を断つ。互いの勢力が拮抗している地域であれば、補給路の寸断は容易ではありません。しかし、一つの大きな勢力の中にポツリと存在する敵対勢力には効果を発揮します。僕が思い浮かぶ中でも、ダマスカスのヤルムーク地区、マーダミーヤ地区、ホムスの旧市街、その他にもドゥーマなんかもそうですし、アサド政権が強い地域ではたいてい兵糧攻めは行われています。今回取り上げるのは、ダマスカス郊外の町、マダーヤです。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/war-in-syria-up-to-40000-civilians-are-starving-in-besieged-madaya-say-campaigners-a6793386.html

マダーヤは半年に渡るアサド政権の包囲網により、数百人が飢えに苦しんでいます。首謀者はアサド政権と共闘するヒズボラです。住民は飢えをしのぐため、雑草や昆虫、猫さえも口にしてきました。新年を迎えた日、活動家のNasir Ibrahim(仮名)は家族に食事を与えるために手入れたのは僅か50gのライスだけでした。 続きを読む

和平協議に向けて

来月開催予定の和平プロセスに向けて一歩前進でしょうか。話し合いでシリア内戦が解決するとは思いませんが、たとえ結果が絶望的であろうとも、協議が行われるということで、一人でも多くの人々の命が救われればいいと僕は思います。それに水を差したのが先日のロシアによるイスラム軍司令官の殺害ですが、昨日、明るい(真っ暗闇の中にろうそくの炎が一本灯された程度ですが)ニュースが入ってきました。

http://www.nytimes.com/2015/12/29/world/middleeast/evacuations-aim-to-ease-path-to-talks-in-syria-war.html

国連と赤十字の斡旋のもとで反体制派最後の支配地域と呼ばれるダマスカス郊外のザバダーニから一般市民と負傷した戦闘員が救出されました。彼らは隣国レバノンに移送された後、トルコに向かう予定です。ただし、今回選ばれた人々は一部にすぎません。ザバダーニを含めた周辺は完全に政府軍とヒズボラに包囲されていますが、まだ住民と戦闘員は多数閉じ込められています。 続きを読む

シリアのスターリングラード-ホムス-

端折りながら(理解できない箇所など)の意訳になりますが、ホムスの現状です。原文が生々しい文体で書かれているので、ぜひ英語が多少でも出来る方は、こちらから直接目を通していただければと思います。なぜ生々しいかといえば、記者が直接現場に訪れているからです。

http://foreignpolicy.com/2015/12/23/syrias-stalingrad/

革命の象徴都市、ホムスは4年以上にも続く戦闘により廃墟と化した。建物はぼろきれのように崩れ落ち、窓枠は風見鶏のようにキーキーと音を立てる。人と言えば、市内を巡回する政府軍だけ。通りに面した建物からは住民の暮らしの痕跡も見受けられるが、それらは徐々に風景の中に溶け込み、10フィートもの雑草がコンクリートの隙間から顔を出す。

シリア政府の見解に限れば、ホムスでの戦いは終結した。1年以上前に反体制派勢力はホムス旧市街での戦闘に敗れた。今月、唯一の反体制派の支配地域、al-Waerはアサド政権と停戦を結んだ。この停戦の合意を国連は好意的に受け止めた。一つの象徴的な革命の町に平和が訪れたことを歓迎した。 続きを読む

シリアに今も残る人々

ご無沙汰していました。日本は安保法案で揺れていますが、世界の関心は欧州へと流入する難民をどうすべきかに注目が集まっています。メディアでも連日のようにトップニュースで報じられています。シリアでは2300万人の人口の半数以上が住居を追われ、400万人以上が国外に逃れています。しかし、今もシリアに残る人々がいます。彼らはどのように暮らしているのでしょうか。NYTIMESの記事を紹介したいと思います。

http://www.nytimes.com/2015/09/16/world/middleeast/for-those-who-remain-in-syria-daily-life-is-a-nightmare.html

ダマスカス郊外ドゥーマではアサド政権による砲撃や空爆から逃れる市民で溢れています。ドゥーマはダマスカスでは最も早く反政府デモが行われた町でした。反体制派と政府軍との戦闘は常態化し、日々、状況は悪化の一途を辿っています。ここ数カ月でのドゥーマでの政府軍による激しい攻撃を見れば、それは明らかです。砲撃と空爆が雨のように降り注いでいます。 続きを読む