アレッポでの殺戮

繰り返し繰り返しアレッポでの報道を取り上げています。内容が重複する箇所が所々見られるかもしれませんが、世界のニュース、連日のようにアレッポでの戦況を報じています。昨日、アルジャジーラの記者JamesBayが国連の会場をあとにするシリアの国連大使BasharJaafariに質問を投げかけました。アレッポで2カ所の病院を爆撃しましたね?それに対して彼は鼻で笑ってそのまま通り過ぎていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=s3qJMDKDhpQ

こちらはアレッポ東部、反体制派地域のドローンによる空撮です。人影がちらほらと見られます。とても人が暮らす環境ではないことが一目瞭然で分かります。

https://www.theguardian.com/world/video/2016/sep/27/drone-footage-shows-scale-of-destruction-in-eastern-aleppo-video

WPからの記事を拾い読みしたいと思います。

https://www.washingtonpost.com/world/darkness-and-fear-in-aleppo-as-the-bombs-rain-down/2016/09/28/07b65246-842e-11e6-b57d-dd49277af02f_story.html

夜間の空爆は最悪だ。電気は寸断されているが、自家発電で辛うじて必要な明かりは確保できる。しかし、真っ暗闇の中に灯る光は空爆の標的になりやすい。ここで暮らす住民は暗闇の中で肩を抱き合って眠る。上空には戦闘機のジェット音が鳴り響き、爆弾が落ちるのを固唾をのんで見守る。一人では死にたくないと彼らは思う。

続きを読む

アレッポで暮らす子供たち

アレッポの街中をうろうろしていると必ず子供たちに囲まれます。銃声が鳴り響き、迫撃砲の重い音が木霊しても、上空をヘリが旋回して、瓦礫の山が築かれても、子供たちは笑顔で走り寄ってきます。僕自身はあまり子供をテーマにして取材はしていません。「戦火の中で生きる子供たち」みたいなベタな内容の記事を書きたくないという理由もあります。それでも、ふとシリアでの生活を振り返ると、子供たちの姿が真っ先に浮かびます。

http://www.nytimes.com/2016/09/28/world/middleeast/syria-aleppo-children.html

そんな子供たちのお話しがNYTimesに掲載されていました。笑顔とは対照的な悲惨な光景が現在のアレッポで暮らす子供たちの姿です。

続きを読む

人として

シリアを取材して初めて心の底から伝えなきゃと思いました。以前までは伝えることは「取材に協力してくれた方々への礼儀」、「ジャーナリストとしての義務」という側面が強くありました。でも、初めてシリアを訪れ、そこで目にした光景は、ジャーナリストという職業とは関係なく、一人の人間として、伝えないといけないという思いが自然と湧き上がってきました。

これほどひどいことが行われているのに、どうして誰も助けてくれないのだろうか。一時的ではあれ、現場に身を置くと、そう感じます。この惨状を世界に伝えれば、状況は改善されるかもしれない。多くのジャーナリスト、市民記者、活動家がシリアの窮状を世界に訴えかけました。しかし、戦況は悪化し、死者は増え続けています。それでも報道は止みません。シリアの様子は毎日のように流れてきます。

報じたところで今すぐ戦火が止むわけではない。救いの手が差し伸べられるわけではない。でも伝えなきゃいけない。そう思わせているのは、ジャーナリストだからとかではなく、やはり人間だからだと僕は思います。戦争は殺し合いです。そこに人道だとか人権だとか甘い言葉は通用しません。でもただ殺されている人々を黙って見ていられないのが人だと思います。だから世界はシリアを報道し続けるし、僕もお金にはならないけれど、時間が許す限りブログを更新しています。

続きを読む

牢獄の中で奪われる命

こちらの動画が多くのメディアで取り上げられています。

https://www.youtube.com/watch?v=7cfBmRW3isc

昨日、17日のことです。アレッポ東部の町Qaterji近郊でアサド政権、もしくはロシア軍の戦闘機が空爆を行いました。崩壊した建物から救出された一般市民の中には子供も多数含まれていました。最初に救出された男の子はOmran Daqneesh、5歳です。何が起きたのか分からない様子で一人椅子に腰かけています。その後、さらに二人の子供が救助されます。合計、4人の子供と男性2人、女性1人が負傷しました。

Omranは市内にある病院に搬送され、治療を受けました。この日、イドリブでも空爆があり、17人が殺害され、30人以上が負傷しています。こうした映像は毎日のように伝えられます。その中の一つが外の世界からの関心を呼び起こしましたが、1週間も経てば、風化しちゃいます。シリアの惨状を伝えた記録は風化速度が一瞬です。なぜなら、一般市民を巻き込んだ戦争に終わりが見えないからです。

続きを読む

ヌスラ戦線からレバント征服戦線へ

7月28日、ヌスラ戦線がアルカイダから決別し、新たな組織を立ち上げました。「Jabhat Fateh al-Sham, or “the Front for the Conquest of the Levant.”」。アラビア語だと「جبهة فتح الشام‎‎」。日本語だと「ジャブハ」が「戦線」、「ファトフ」が「征服」、「シャーム」が、、、ダマスカスを「アッシャーム」と言いますが、ここではシリア、レバノン、ヨルダン、パレスチナを含めた地域の「シャーム」だから、「シャーム征服戦線」か「レバント征服戦線」ですか。頭文字を取って、「JFS」と記すことにします。ヌスラ戦線の最高司令官「Abu Mohammed al-Jolani」の素顔も公開されました。本名は「 Ahmed Hussein al-Shara」です。1984年生まれ、シリア南部のダラー出身です。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/nusra-al-qaeda-split-syria-jihad-jabhat-front-a7161321.html

ロシアとアメリカを筆頭に「ヌスラ戦線」はアルカイダ系に属するテロリスト集団に色分けされていました。それが、「ヌスラ戦線」を叩く理由にもなりました。しかし、今回、アルカイダから脱退したことで、この根拠は事実上は破綻しました。黒を基調とした国旗は柔らかな白へと変わりました。アルカイダの頭目であるザワヒリは今回の決定に神のご加護をと承諾しています。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらにさらに追加ー

“open-air prisons”。包囲された町は天井のない監獄と同等です。今週の火曜日、「Save the Children」が包囲網の中で苦しむ人々の様子を伝える報告書を出しました。いくつかのメディアでそのことに関しての記事が出ています。ここでは「independent」と「nytimes」から引用したいと思います。

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/syria-civil-war-quarter-of-a-million-children-in-syria-at-risk-of-starvation-a6919761.html

http://www.nytimes.com/2016/03/09/world/middleeast/report-paints-dire-picture-of-besieged-syria-as-war-enters-6th-year.html

18の異なった地域でアサド政権、または反体制派によって包囲され、486700人の人々が飢えの脅威にさらされています。別の支援団体からの報告では190万人になるかもしれないという統計も出ています。しかし、停戦が発効した2月27日以降、いくつかの町や村に支援物資が搬送されました。15万人に食料や医薬品、燃料が届けられましたが、一時的なもので、支援ルートが完全に開放されたわけではありません。数週間分の食料が運び込まれただけで、その先は不透明です。 続きを読む

アレッポ北部の攻防戦-追加-

ロシアの空爆による民間人の死者が多数報告されています。月曜日にはイドリブやアザズで少なくとも3つの病院と学校が空爆されました。ロシアは関与を否定していますが、この地域で空爆を行える、行うのはアサド政権かロシアに限定されます。今回はここ3週間ほどのシリア北部での勢力図の変化について紹介できればと思います。

http://www.vox.com/2016/2/16/11020140/russia-syria-bombing-maps

とても分かりやすい記事です。3つの地図を引用して、最近のロシアの空爆と各勢力の動きを分析しています。一つ目がISWの地図を基にして、ロシアがどの地域を激しく空爆しているかを説明しています。アレッポ北部、東部、イドリブ県、シリア南部のダラー県などに集中しています。停戦に向けてロシア、アメリカが協議をしている最中にも容赦なく爆弾は降り注いでいます。 続きを読む

ニュース拾い読み

シリアに関するニュースが一通り分かります。ロイターです。

http://www.reuters.com/places/syria

とても便利です。その中から一部を紹介できればと思います。

http://www.reuters.com/article/us-mideast-crisis-syria-turkmens-idUSKCN0VA2G0

先週からラタキア県からトルコへと逃げ込む難民が急増しています。ラタキアはトルクメン人が多く暮らしていますが、アラブ人も含めて3500人以上が土地を追われました。理由はロシアの空爆です。周知の事実ですが、ロシアはイスラム国よりも反体制派を主な標的にしています。特にラタキアはアサド政権の牙城でもあり、この辺りの制圧にはロシアは固執しています。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらなる追加ー

http://www.middleeasteye.net/news/people-still-dying-starvation-besieged-syrian-town-despite-aid-delivery-1283601589

マダーヤではこの5日間でさらに5人の餓死者が出ました。国境なき医師団が支援する医療班からの報告では、12月から少なくとも35人が飢えにより亡くなりました。国際社会がマダーヤの惨状を非難するに及び、ロシアの国連副常駐代表Vladimir Safronkovは我々はヌスラ戦線のような過激な連中が住民を人間の盾として利用していることを懸念していると述べました。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/syria/12100633/More-than-a-million-Syrians-under-siege-at-risk-of-starvation.html

包囲されている町はマダーヤだけではありません。数字の信憑性には疑問符が付きますが、シリア全土で100万人以上が飢えの恐怖にさらされています。”the use of food as a weapon of war is a war crime” 国連のパン・ギムン事務総長が明言しています。戦争犯罪。しかし、一向に兵糧攻めは止みません。 続きを読む

飢えに苦しむ人々ーさらに追加ー

マダーヤでの惨状がツイッターやフェイスブックを通して、世界に知れ渡り、状況が多少でも改善されたことは、大きな一歩だと僕は思います。すごく大きな一歩です。なぜなら、何年にも渡って、現在でも続いている惨状はマダーヤだけではありません。大半の地域が見捨てられている中でのマダーヤが救われたことは前進ではあります。果たして本当に救われたのかはまだまだ状況を見ない限り、分かりませんが。

http://www.nytimes.com/2016/01/15/world/middleeast/madaya-syria.html

Nisrineは包囲された町、マダーヤで教師をしていました。しかし、数週間前に教師を辞めざるを得ませんでした。なぜなら、学校に通えないほど子供たちが飢えに苦しみ、やせ衰えていたからです。病院では経口補水液を患者に与えるのがやっとで、雑草でスープを作り飢えを凌いでいました。 続きを読む