ブログ休止中

ブログの更新は久しぶりになります。

自分勝手ではあるのですが、ブログの更新は今後もしばらくありません。申し訳ありません。日々、シリア関連のニュースには目を通しているのですが、ブログに書き記すほどの気力がありません。これまでいくつかの記事を丹念に読み解いて、僕の個人的な見解も含めて、ブログを更新してきました。ただ、ご存じかとは思いますが、シリア、取材に足を運べる状態ではありません。

ブログの更新は僕自身、備忘録として活用してきました。シリアで一冊の本を書き上げましたが、その際にもこのブログは非常に参考になりました。またシリアに取材に向かう際には、どの勢力がどの辺りを支配下に治め、どの国境が開かれているか、戦況の変化などを窺う際にも、役立ちました。

僕はシリアに入ることを現時点であきらめています。去年、二度トルコに足を運び、シリア入りを目論みましたが、断念しました。これまで5度シリアに入国し、そのうち3度は密入国です。それほどシリアに入るということは、リスクを背負うことになります。さらに、去年辺りから、国境の警備は非常に厳しくなりました。これまでは黙認されてきた密入国ルートが片っ端から潰されています。シリア人の友人ですら、出入りが困難な状況です。

「タケシ、もうシリアに入るのはあきらめろ。俺一人だって、大変なのに、お前みたいな外国人を連れて、入国なんてできない。シリアに入れば、何とかしてやるが、シリアに入るまでが大変だ。トルコ側が厳しく制限している」

今年の1月にトルコのある都市でシリア人の友人から言われた言葉です。彼はムジャーヒディーンですが、その彼ですら、親族訪問でトルコを訪れたはいいが、シリアに帰る段階で、足止めを食らっていました。ただ自暴自棄になれば、入ることは可能です。でも僕にはそれだけの勇気も根性も情熱もありません。

これからは黙ってシリア情勢を眺めていくだけです。ただし、ツイッターの方は更新します。ブログは更新に労力と時間を費やしますが、ツイッターはブログと比べれば、気軽に更新ができます。そちらの方を見ていただければと思います。

もし仮に、今後、ブログが頻繁に更新されるようなことがあれば、そのときはシリア入りのチャンスが到来したのかなあと勘ぐっていただければと思います。実際に入るとなると、誰にも言いませんが。シリア情勢は5年以上、見続けています。それでも常に継続的に世界のニュースのトップを占めています。それほど危機的な状況が何年にもわたり続いています。難民の数、死傷者の数、宗派、民族的対立、周辺諸国の関わり方、さらに大国同士のせめぎあい、イスラム国の台頭への脅威、戦争を誘発する起爆剤がふんだんに盛り込まれているのが、シリアじゃないかなあと感じています。

いつかシリアが平和になったら、殉教した友人の墓参りに行きたいです。

トルコ訪問について

数日前にトルコのイスタンブールに到着しました。同業者がトルコ入国に際して、強制送還の憂き目にあっています。どういった基準で入国の許可、拒否を行っているのかは定かではありませんが、僕は無事に入国することができました。ただし、かなりの遠回りをしての、長時間の旅路でした。

仮に僕がリストに登録されていて、その網目を縫って入国していたとしたら、妨害を目論んでいた方々には残念なお知らせかもしれません。ただ、僕自身は外務省や警視庁の方々から忠告をいただいており、彼らの言い分も十分に聞き入れています。互いの意見の対立はありますが、僕自身は物事を荒立てたくはありません。特に外務省には以前にカシミールで被弾した際にはお世話になっています。

続きを読む

シリアの行方-トランプ勝利で何かが変わるのか-

シリア情勢は毎日のように見ていますが、アメリカの大統領選の結果によって何かシリアに変化がもたらされるのか、それについては無関心でした。ヒラリーだろうとトランプだろうと、アメリカのトップが変わっても、シリアには直接の影響はないだろうと感じていました。でもトランプ勝利とシリアを関連付けた記事を多く見かけます。それらを紹介できればと思います。

https://www.theguardian.com/world/2016/nov/11/syrian-opposition-left-with-nowhere-to-turn-after-trumps-victory

シリアの反体制派の政治家、軍の司令官はヒラリーへの期待を膨らませていました。彼女は反体制派への支援が国益につながると主張していました。一方、トランプはアサド政権への支持を打ち出し、ロシアへの賞賛を表明していました。トランプは反体制派を無差別に爆撃するロシアを支持し、そこに残る人々への降伏を望んでいます。

アメリカの指導者が変われば、イスラム国に対する攻撃姿勢にも変化が現れると反体制派の政治家は予測しています。しかし、イスラム国に関してはこれまでのスタンスを維持する傾向に思われますが、オバマ政権が70近い反体制派の部隊に訓練と限られた武器を提供してきた政策には影響が及ぶだろうと推測されます。なぜなら、トランプがその政策に対して懐疑的だからです。

続きを読む

レバント征服戦線を標的に-アサド政権と最も敵対する組織-

これは以前からずーと指摘されていることです。アメリカはイスラム国と平行してレバント征服戦線(旧ヌスラ戦線)を標的にしています。上位に位置する指導者をピンポイントで殺害するほどの執着です。これには現地のシリア人からも反感を買っています。なぜならレバント征服戦線(JFA)はアサド政権と最も果敢に戦果を交えている反体制派勢力だからです。その解説になります。

https://www.washingtonpost.com/world/national-security/obama-directs-pentagon-to-target-al-qaeda-affiliate-in-syria-one-of-the-most-formidable-forces-fighting-assad/2016/11/10/cf69839a-a51b-11e6-8042-f4d111c862d1_story.html

オバマ大統領はペンタゴンに強い要求を突き付けている。アルカイダと繋がりがあると指摘されるヌスラ戦線の指導者を殺害するようにと。ヌスラ戦線は長年に渡り、アサド政権と敵対してきた勢力である。にもかかわらず、執拗に標的にするのはなぜなのか。

オバマ大統領の高官はこう答えている。ヌスラ戦線は今でこそシリア国内で反体制派勢力の一員としてアサド政権と戦火を交えているが、いずれは国内から国外、ヨーロッパへとテロの矛先が向かうだろう。この発言から察するに、オバマ政権はアサド大統領の退陣を望むよりもヌスラ戦線によるグローバルテロリズムを警戒していることがうかがえる。

続きを読む

アレッポ東部での暮らし-包囲網により隔絶された都市-

http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/2016/11/russian-offensive-aleppo-161106114905738.html

朝、まず思い浮かべるのは、「今日はどのようにしてパンを手に入れようか」ということだ。ロシアの戦闘機が次の攻撃を仕掛ける間、私の頭を苦しめるのは、そんな問いかけだ。「今日はどのようにしてパンを手に入れようか」。

もしパンなしでの一日の生活を送りたくないのであれば、私は早朝5時に起きなければいけない。パン屋の前には大勢の人々が列を作っている。70日前にこの町が包囲されてから、このパン屋は週に3日、営業している。それぞれの家族が受け取れるのはパン5枚だけ。それも二日に一回だ。

特に攻撃もない一日であれば、6時までにはパンを受け取れるはずだ。パン屋に行列を作る人々は口々に同じことを叫ぶ。「私には子供が10人もいるの。娘は未亡人で、子供が3人いる。たった5枚のパンでは足りないわ!」。答えは簡単だ。「5枚しか渡せない。それは管理委員会が決めたことだ。私はその命令に従っているんだ」。私は1時間以内に何とかパンを受け取ることができた。

続きを読む

アレッポの被害状況

https://www.theguardian.com/world/2016/oct/31/syrian-rebels-aleppo-offensive-could-amount-to-war-crimes-un-envoy-warns

簡単にですが、アレッポでの戦況を伝えます。

現在、アレッポ東部がアサド政権によって包囲されています。275000人が現在も取り残されています。政府軍とロシアは先週から空爆を停止、住民への避難を促していますが、今のところ実行には移されていません。迫撃砲や空爆が行われているとの報道もあります。

反体制派組織はアレッポ西部(アサド政権支配地域)への無差別砲撃を行っています。事前に住民は外出するな、シェルターに避難しておけ、反体制派はそう警告してから砲撃を開始しています。しかし、日曜日には7人が命を落とし、3人が子供でした。その後も砲撃は続き、シリア人権監視団によれば、3日間で41人が犠牲になり、16人の子供も含まれています。

さらに毒ガス攻撃を行ったとアサド政権側は主張しています。反体制派は否定しています。国営放送のSANAは、日曜日、al-Hamadaniyehで反体制派が毒ガス攻撃を行い、48人が呼吸困難に見舞われ、病院で治療を受けていると報道しています。

アレッポ包囲網打開作戦は激しさを増し、土曜日にはアサド政権側が1000人の砲兵を補充しています。反体制派側は2000人から2500人ほどが攻撃に参加していると見積もられています。

国連は今回の事態に対して、何の対応も出来ていません。ただ、アレッポ東部と西部での攻撃で命を落としている市民がいる。もう十分だ。でも、東部の包囲網を解除するのは重要な課題だ。市民はシリアの古代都市アレッポに安定した停戦の実現を求めているし、必要なことだ。でも具体的な方策は何も示せずにいます。

大規模な戦闘が起きるのは時間の問題でした。なぜなら、アレッポ東部が包囲され、食料が枯渇する中で、十分な飲み水すら確保できない。ならば、反体制派は飢えが極限状態になる前に包囲網を打ち破るしか手はありません。結局、国連とそれに並ぶ大国は包囲網への打開策を突破することができず、反体制派は力でねじ伏せる作戦を着々と進めて、機が熟したのでしょう。

シリアへの素朴な疑問-支援とは何か-

ガーディアンのシリアに関する記事は着眼点が素晴らしいと思います。以前に紹介した国連の使途不明金もそうですが、今回はよく話題に上がる「支援」の行方について分析しています。国連への痛烈な批判です。原文を推奨します。

https://www.theguardian.com/world/2016/oct/28/syria-aid-relief-effort-key-questions-guardian-briefing

・シリアではどれほどの人々が支援を必要としているのか

支援が必要とは物資が届かないことであり、つまり包囲されている地域で暮らす人々がその判断基準になります。「包囲」の基準には3つあります。武装組織に包囲されている。人道支援が継続的に行き届かない。病人や負傷者が自由に出入りできない。

国連の推定では17の地域で586200人が包囲下で暮らしています。4880000人が厳しい状況下に置かれています。これに対して、民間団体のSiegeWatchは39の地域で996975人が包囲下で暮らしていますが、この数字にアレッポ東部の275000人は含まれていません。さらに21の地域でアサド政権によって包囲されるかもしれない可能性を指摘しています。さらにある別の団体によれば、アレッポを含めれば、1500000人が包囲下で生活を余儀なくされていると報告しています。同じ数字を出している組織にMSFもあります。

続きを読む

ある一家の物語-アレッポでの暮らし-

今、イラクの方が騒がしいですね。モスルをイスラム国から奪還するため、政府軍、シーア派民兵、ペシュメルガ、空からは有志連合と、攻め上げています。半年ほどかかるようなことを報じていた気がしますが、仮にモスルが陥落すれば、次はラッカかなあ。ただ、僕は直接足を運んだ場所でしか、物事を語れません。イラクは素人なので、発言は控えます。

シリアはアレッポが大変ですが、イドリブ県でも反体制派が揉めています。とりあえず、アレッポに焦点を絞り、FPの記事を紹介できたらと思います。

http://foreignpolicy.com/2016/10/16/are-you-silent-because-we-are-muslims/

停戦が崩壊した9月23日から10月8日までのアレッポ東部での死者は国連の統計で406人になります。先週の水曜日には市場が空爆され一瞬にして46人の命が奪われました。これだけの虐殺が、実行犯が明確にもかかわらず、一向に収まらないことにもはやアレッポで暮らす住民はどれほどの思いを抱いているのか。

続きを読む

アレッポからの手紙-My city is not just a death toll-

Syrian Civil Defense の創設者の一人であるBeebers Mishal(31)からのアレッポからの声です。停戦が崩壊して1週間足らずでの死者は400人を超え、負傷者は数百人に上っています。いったいアレッポでの生活はどのようなものなのか、彼の言葉から多少はうかがい知れるかもしれません。

http://www.aljazeera.com/news/2016/09/letter-aleppo-city-death-toll-160928055621630.html

いつ起きたのか、いつ眠りについたのか私ははっきりとは覚えていない。町全体に絶え間なく爆弾が降り注ぐような状況ではここで暮らす人々には「眠り」なんてものはない。戦争と平和に関する法律に私は造詣が深いが、自信をもって言えることがある。国際社会はこれらの法律をシリアに適用することはない。アレッポは燃えている。そして世界は黙って見つめている。ロシアの空爆は間断なく続いている。

続きを読む

アレッポでの殺戮

繰り返し繰り返しアレッポでの報道を取り上げています。内容が重複する箇所が所々見られるかもしれませんが、世界のニュース、連日のようにアレッポでの戦況を報じています。昨日、アルジャジーラの記者JamesBayが国連の会場をあとにするシリアの国連大使BasharJaafariに質問を投げかけました。アレッポで2カ所の病院を爆撃しましたね?それに対して彼は鼻で笑ってそのまま通り過ぎていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=s3qJMDKDhpQ

こちらはアレッポ東部、反体制派地域のドローンによる空撮です。人影がちらほらと見られます。とても人が暮らす環境ではないことが一目瞭然で分かります。

https://www.theguardian.com/world/video/2016/sep/27/drone-footage-shows-scale-of-destruction-in-eastern-aleppo-video

WPからの記事を拾い読みしたいと思います。

https://www.washingtonpost.com/world/darkness-and-fear-in-aleppo-as-the-bombs-rain-down/2016/09/28/07b65246-842e-11e6-b57d-dd49277af02f_story.html

夜間の空爆は最悪だ。電気は寸断されているが、自家発電で辛うじて必要な明かりは確保できる。しかし、真っ暗闇の中に灯る光は空爆の標的になりやすい。ここで暮らす住民は暗闇の中で肩を抱き合って眠る。上空には戦闘機のジェット音が鳴り響き、爆弾が落ちるのを固唾をのんで見守る。一人では死にたくないと彼らは思う。

続きを読む